2020年03月22日

2周波RTK受信機でBluetoothが途切れまくる

新年度から本格的に使おうと思っている,
・DG-PRO1RW
・DGーPRO1RWS
ですが,
3連休前の3/19(木)に研究所裏山の三角点で静止測位を試みたところ,2機ともにBluetoothの通信(受信機->スマホ)が切れまくり,まともな静止測位ができずに1日が終わってしまいました。

室内にて,窓際にアンテナを置いて測位すると,Bluetoothは途切れずに,安定した静止測位ができます。

なぜなのか,この3連休中,ずっと考えています。

場所が悪いのか?
高圧線のケーブルと鉄塔は近くにありますが,研究所の建物の方が,三角点より,より近いです↓。
三角点と高圧線.gif

当日は風邪があったので,そのせいでしょうか?
「Bluetoothは風邪に弱い。」などということはあるのでしょうか?

室内では,アンテナと円盤を,窓の下の内側に直接置いていますが,
窓際.gif

裏山三角点では,ポールと2脚を使いました↓。
ポールと2脚.gif
ポールや2脚がBluetoothの邪魔をするのでしょうか?
受信機やバッテリーを入れているプラスチックのケースが電波を妨害するのでしょうか?
後ろに写っている展望台が電波の邪魔をするのでしょうか?


どなたか,何か気付いたことがありましたら,ぜひコメント欄にご意見をお聞かせください。

追伸)
4月からは再任用職員として週4日間,現在の研究所で仕事を続けることになりました。







posted by Dr.koba at 09:53| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

Drogger GPSの設定(静止測位用)

スマホの画面キャプチャを載せておこう↓。(自分用備忘録;6枚)

1.gif
グロナスはデフォルトでオフなので,必ずオンにすること!

2.gif

3.gif
地理院電子基準点のデータは30秒おき(1/30Hz)なので,2Hz以上にしても無意味。

4.gif
多めに確保しておかないと,途中で腹一杯になって止まる危惧あり。

5.gif
多めに確保しておかないと,途中で腹一杯になって止まる危惧あり。

6.gif
ブルートゥースは切れやすいので,生存確認信号をこまめに送る。


posted by Dr.koba at 17:04| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

DR-PRO1RWのその後

以前の記事で書いた,ファーウェイのスマホ(マイクロSDカードあり,保存先はマイクロSDカード優先)でRAWデータのログを取ろうとするとエラーが出る件
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/473521822.html
ですが,最新アプリ(Drogger GPS 2.4.83)で不具合が解消されました。

開発元のビズステーションさん,ありがとうございました。

これで安心してSDカードにRAWデータをためることができます。


DG-PRO1RW(これは現行機種(RWS)の1世代前の製品です)ですが,やはりバッテリーを選ぶようですね。

取扱説明賞
https://www.bizstation.jp/ja/drogger/DG-PRO1RW_manual.pdf
の2ページ目の際右段上の方に,
取説バッテリー.gif
と書いてある通り,
(1)ANKER社:Power Core+ mini(出力1口)
以外では途中で電源が切れてしまうようです。

私はRW本体とスマホを同時に1個のモバイルバッテリーで駆動して静止測位をしようと,
(2)ELECOM社:DE-M01L-6400(出力2口)
(3)ANKER社:PowerCore fusion 5000(出力2口)
で放置プレイをしてみましたが,どちらもバッテリーが空になる前に,RWへの給電が止まります。

というわけで,
DG-PRO1RW+Power Core+ mini
(泉総理補佐官+大坪審議官のようなもの)
の組み合わせは必須のようです。

スマホは別のモバイルバッテリーにつなぐことにします。

ちなみに,最新(現行)機種のDG-PRO1RWSは消費電力が上がったので,普通のモバイルバッテリーでも給電が止まることはないよう(そう)です。

参考までに,(1)と(3)の写真を載せておきます↓。
モバイルバッテリー2個.gif




posted by Dr.koba at 11:26| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする