2020年04月22日

RTKPOST(Setting1)

RTKPOSTのオプションのうち,Setting1のキャプチャ画像です↓。

このオプションは,パラメータを変えて何度も設定し直す,重要なオプションです

set1_01.gif

Kinematicの方がFIX率が上がる,という説もありますが,静止(static)測量なので,私はStaticに設定します。
set1_02.gif

set1_03.gif

L1,L2,L5の組み合わせが選べますが,DGPRO1-RW(S)が受信した,L1+L2をとりあえず選びます。
set1_04.gif
L1+L2でFIXしない場合でも,L1だけでFIXする場合もあります。

set1_05.gif

移動局(RW(S)の測点)と基地局(地理院電子基準点)の間で基線解析をする際に,両者の時刻差について,前方のタイムラグを許すのか,後方のタイムラグを許すのか,みたいなことを意味していると思うのですが,よく理解していません。
ただ,片方向よりも両方向の方がFIX率が上がるようなので,両方向(Combined)でやってみます。
set1_06.gif

set1_07.gif

エレベーションマスクは内山(2018)にならって25度に設定する。
set1_08.gif

set1_09.gif

シグナル/ノイズ比も内山(2018)にならって35デシベルに設定。
set1_10.gif

set1_11.gif

set1_12.gif

衛星は,とりあえず,地理院電子基準点で受信している衛星群を全部(4つ)選ぶ
set1_13.gif
4衛星群でFIXしない場合,GPSのみにするとFIXする場合がよくあるので,試行錯誤すること。

<Setting2>につづく


posted by Dr.koba at 09:57| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RTKPOST(メイン)

RTKLIBの後処理モジュール(RTKPOST.exe)のうち,メイン画面のキャプチャ画像です↓。

メイン_01.gif

メイン_02.gif

メイン_03.gif

メイン_04.gif

メイン_05.gif

メイン_06.gif

参考文献
内山(2018)RTKLIBによる解析
https://hdtopography.github.io/learning/book/GNSS/RTKLIB_uchiyama_20180729v3s.pdf




posted by Dr.koba at 08:36| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

RWSのPPK解析がうまくいった!

いずれマニュアル書を書き,PDFで公開したいと思いますが、とりあえず要点だけ書いておきます。

RTKCONVでは,Scan Obs Typesにチェックと入れると,L2波のデータもRINEXに変換されました。
aCONVのパラメータ.gif

RTKPOST(後処理)では,Intervalのチェックをはずすと,処理ができました。
bPOSTのパラメータ.gif

後処理解析結果ファイル(*.pos)をExcelで読み込み,ratioの大きい順,時刻の早い順に並べた画像です。
c後処理結果.gif
ratio最大値の999.9がいくつか出ました。
最終時刻の,黄色の塗り潰し行を測位結果としました。

日本時間(JST=GPS時刻+9時間)の13:17から測位を始めたのですが,15時過ぎ(約2時間後)から最大値付近のratio値が出ました。
1時間では足らず,3時間放置して正解でした。
dRTKPLOT.gif

測位結果の経緯度を,TNTmipsのMap Calculatorで変換したところ
e座標変換TNTmips.gif

測位した三等三角点「栃津」の座標値
f栃津座標.gif

測位誤差です。
g測位誤差.gif

水平誤算は,√(0.6^2+1.9^2)≒1.99cmですね。
垂直誤差は80cmですね(これは仕方ないのかな?)

後処理解析にあたり,受信機販売元のビズステーションの矢口さんには,社外品のRTKLIBのパラメータ設定を含めてサポートいただき,大変お世話になりました。
ありがとうございます。

いずれ純粋な森林内(樹冠下)でもテストしたいのですが,真値をどう求めるか,考え中です。
当方,トータルステーションとか持っていません。
何かよいアイディアがありましたら教えてください。





posted by Dr.koba at 11:13| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする