2020年04月05日

RWSのPPK解析がうまくいった!

いずれマニュアル書を書き,PDFで公開したいと思いますが、とりあえず要点だけ書いておきます。

RTKCONVでは,Scan Obs Typesにチェックと入れると,L2波のデータもRINEXに変換されました。
aCONVのパラメータ.gif

RTKPOST(後処理)では,Intervalのチェックをはずすと,処理ができました。
bPOSTのパラメータ.gif

後処理解析結果ファイル(*.pos)をExcelで読み込み,ratioの大きい順,時刻の早い順に並べた画像です。
c後処理結果.gif
ratio最大値の999.9がいくつか出ました。
最終時刻の,黄色の塗り潰し行を測位結果としました。

日本時間(JST=GPS時刻+9時間)の13:17から測位を始めたのですが,15時過ぎ(約2時間後)から最大値付近のratio値が出ました。
1時間では足らず,3時間放置して正解でした。
dRTKPLOT.gif

測位結果の経緯度を,TNTmipsのMap Calculatorで変換したところ
e座標変換TNTmips.gif

測位した三等三角点「栃津」の座標値
f栃津座標.gif

測位誤差です。
g測位誤差.gif

水平誤算は,√(0.6^2+1.9^2)≒1.99cmですね。
垂直誤差は80cmですね(これは仕方ないのかな?)

後処理解析にあたり,受信機販売元のビズステーションの矢口さんには,社外品のRTKLIBのパラメータ設定を含めてサポートいただき,大変お世話になりました。
ありがとうございます。

いずれ純粋な森林内(樹冠下)でもテストしたいのですが,真値をどう求めるか,考え中です。
当方,トータルステーションとか持っていません。
何かよいアイディアがありましたら教えてください。





posted by Dr.koba at 11:13| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

RWSデータのPPK解析がうまくいかない

前の記事で書いたように,2脚とポールで,今度は3時間、静止測位をしてみました。

RTKLIB 2.4.2によるPPK解析では,3時間通してQ=5(単独測位)で,前回と同じく,不本意な結果でした↓。
v242結果.gif

RTKLIB 2.4.3も新たにダウンロードして解析してみました,単独測位結果も出ませんでした↓。
v243結果.gif
※v2.4.3の方はまだパラメータをいじる余地があるのかもしれません。

RWSで取得したRAWデータは,
2020-04-03_13-17-35.ubx(19MB)
です。
エクスプローラ.gif

これを,RTKLIB 2.4.2でRINEXファイルに変換したものがこれです↓。
v242観測.gif
L1波とL2波の2種類を観測したはずですが,赤枠で囲んだ中には,「1」という数字があっても「2」という数字がありません。
G:GPS(米国),R:Russia(グロナス),E:EU(ガリレオ),J:Japan(みちびき),S:SBAS(?)

RINEX v3.02の仕様書には,こんな記述があります↓。
rinex定義.gif

ここで私はふと思いました。
「もしかして,RWSのRAWデータファイルには,L2波の情報が記録されていないのではないか?」
ということです。

私はRINEXの仕様書
https://kb.igs.org/hc/en-us/articles/115003980628-RINEX-3-02
を初めて見ましたし,2周波受信機でのPPK解析も初めてなので,もしかして外してたら大恥をかきますが..

観測ファイル(.obs)の下の方を見ても,同じ衛星番号(例えばG21)などが2行続けて出てくることはありません。
L1,L2の2周波を出している衛星であれば,同じ衛星が2行連続で出てきてもいいはずですが,そうじゃないです。

ついでに,RTKLIB 2.4.3でRINEXに変換した観測ファイルの一部です↓。
v243観測.gif
やはり,「2」は出てきません。

L2のデータもあればFIX解が出るのかも心配になってきました。

静止測位の後処理解析がだめなのであれば,
金沢市の建設会社さんが運営しておられる基準点の情報を使うか(使えるのか不明ですが),
http://rtk.silentsystem.jp/
NTTやソフトバンク?がやっている,有料のサービスを使うか,別の方法を考える必要がありますね。


まだ道半ば

4/1から再任用職員になりました。
週4日勤務(水曜定休)です。


posted by Dr.koba at 10:19| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

DG-PRO1RWSのRAWデータ収集用設定

DG-PRO1RWS(2周波RTK)でRAWデータを収集(製紙測位)する際の手順等をメモしておく。

以下のメモは,スマホがファーウェイnova lite(PRA-LX2,Android 8.0)の場合であり,他のスマホでは違うかも。
(1)古いスマホをデータ格納用に使用する場合は,常用スマホ(gmailを送受信する)とは別のGoogleアカウントを取得して使用すること。

(2)SDカートが挿入できる機種でも,無用なトラブル防止のため,SDカードは使用せず,ログデータは内蔵ストレージに格納すること。

(3)Google Playからアプリ(Drogger-GPS)をインストールする。

(4)スマホの設定で,擬似ロケーションを有効化(RWSの取扱説明書参照)すること。

(5)スマホのBluetooth設定で,RWSとのペアリングを忘れるな。

(6)Bluetoothのキープアライブメッセージを送信するをOFFからONへ変更
※RWSでは必要ないかもしれないが,ひとつ前の機種の"RW"では必須

(7)GLONASSをOFFからONに変更

(8)BeiDouをONからOFFに変更
(地理院の電子基準点ではBeiDouを受信していない,これをONにしていると,Bluetooth通信のデータが溢れ,ログデータがスマホに記録できない,すぐ途切れる等々トラブル多発,BeiDouそのもののせいではない)

(9)計測更新レートはデフォルトの10Hzでよい。

(10)ログ採取の頻度はデフォルトの1Hzでよい。

(11)ひとつのログサイズ:5MB→500MBへ変更(例:1時間のRAWデータは約6MBだった)

(12)ログ領域のサイズ:500MB→5000MB(適当に増やしておく)

(13)Rawデータを記録する:OFF→ONへ変更

(14)RWSへの給電は,取扱説明書に書いてあるとおり,。ANKER 社の Power Core+ miniを使用すること。

取扱説明書はここから↓。
https://www.bizstation.jp/ja/drogger/dg-pro1rws_index.html?tab=support_manual

以上,忘れないないように -> 自分

ここまでたどり着くのにずいぶんと時間を消費しました。
販売元のビズステーションさんにもサポートお世話になりました。


というわけで,やっと安定してRAWデータが取れる設定を見つけたので,研究所裏山三角点で,RWとRWSをそれぞれ1時間ずつ静止測位してみました↓。

測位中.gif
この写真はRWでの測位中。

立山.gif
この写真はRWSの測位中に,展望台から立山連峰を入れて撮った写真。

RTKLIBでの解析結果は,RW,RWSともに,単独測位結果が出るだけで,FIX解はおろか,フロート解も出ませんでした。

がっかりです。

3脚を立てずに,標柱上に直接置いたのがいけなかったのか,またやってみます。

道は険しい。

3/31で定年ですよ。私





posted by Dr.koba at 09:29| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする