2021年09月19日

Metashapeのベンチマーク

4台のPCでMetashapeの処理時間を比較してみました。
先日YouTubeチャンネル「森林ドローン研究室」にアップした動画の現場です。

DJI GS RTKで作ったフライト計画です。
a計画_kamize60_30min.gif
高度60m(これは離陸地点からの高さで,対象スギ林からの高さではない)で,撮影予定枚数は766枚でしたが,実際は750枚の写真が撮影されました。

以下,Metashapeでのメニュー別画面です(タイルモデルはdsmやオルソの作成には直接必要ないので,一番最後に掲載します)。
なお以下の画面は,一番ショボイ,自宅のサブマシン(Core i7 10700K,メモリ32GB,GTX 1050 Ti (4GB)のものです。

タイポイントの画面(ビューペインには,本来ならばアライン直後には粗い点群が表示されるのですが,タイルを作った後だからか,タイポイントではない画面(タイルの絵?)になってます)です。
m1_タイポイント.gif

深度マップの画面です(深度マップは高密度クラウド以下のモジュールで繰り返し使用される?)。
m2_深度マップ.gif

高密度クラウドの画面です。
m3_高密度クラウド.gif

3Dモデルの画面です。
m4_3Dモデル.gif

DEMの画面です。
m5_DEM.gif

オルソモザイクの画面です。
m6_オルソモザイク.gif

タイルモデルの画面です(6時間32分掛かりました)。
m7_タイルモデル.gif

最後に,4台のPCでの比較表を載せます。
処理時間の比較表.gif
スペックが高いほど処理時間が短くなるという,極めて当たり前の結果となりました。

大量(枚数も回数も)の処理をする場合には,以下がおすすめです。
CPU(16コア32スレッド):約10万円
GPU(RTX3000シリーズ):約6万円〜
メモリ:64GB以上
(メモリはメッシュ構築で大量使用するが,PC4で50/128GB使用したメモリがPC3では28/32GBであり,少なければそれなりにメモリスワップでもして?対処するようだ)

参考になったらいいねボタンを押してください。




posted by Dr.koba at 08:48| Comment(0) | 写真測量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

MetashapeとPix4Dmapperの比較(2)

国土地理院が撮影したカラー空中写真140枚(概ね2.5万分の1地形図の範囲)のサムネイル画像です。

魚津1975_生140枚.gif
富山県と国土地理院との協定に基づき,1270dpiでスキャンした画像データを無償で入手しました(数年前)。
1枚当たりのピクセル数は,12,000×13,000=156,000,000ピクセル=156MP(メガピクセル)になります。

これをMetashape proでオルソモザイク化すると,こんな感じになります。
魚津1975オルモ_meta.png
作成手順はこの文献を参照願います。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfes/32/4/32_32.197/_article/-char/ja/

手動でパンの耳を切り取らなくても,Metashapeが勝手に写真外周部を削除し,うまいこと接合してくれます。
(これは素晴らしい機能だと私は思います。)

Pix4Dmapperは標準ライセンスでは写真1枚当たりの最大ピクセル数が55MP(メガピクセル)であり,
https://assets.ctfassets.net/go54bjdzbrgi/1Gm0UGAZ9WQMSOewk6Kya4/92ecdd27b1ed0cda8fc075aebd5ea9cf/Pix4Dmapper_feature_list_v4.6_Japanese.pdf
上述の156MPの写真画像は処理できません。

今回,Pix4D社のご厚意でラージフレームアドオンを使用さてていただく機会を得て,Metashapeと同じ処理をやってみました。
処理は春にやったのですが,比較記事をアップするのが遅れました。
すいません。

結果としてできたオルソモザイク画像はこれです。
魚津1975オルモ_p4dm.png
前回の比較記事と同じく,
・テンプレート:3Dマップ
で処理をしました。
Metashapeのオルソモザイクよりも小さなオルソモザイクができました。

パラメータを調整すればもう少し広い範囲のオルソモザイクができるのかもしれません。
機会があればやってみたいと思います。

2021/9/1追記
レポートを上げておきます。
魚津1975カラー_Metashape.pdf

魚津1975カラー_report_P4D.pdf



posted by Dr.koba at 11:18| Comment(0) | 写真測量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

Windows版のWebODM

以前このブログでも紹介した,
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/473931765.html
WebODMがWindowsにnavtive対応しましたよ↓。

WebODM.gif

以前はDockerという,Windows上でUNIXを動かすエミュレータ?を経由して動作していましたが,Dockerが必要なくなりました。

私は以前,Metashapeを入れていたPCにDocker + WebODMを入れたところ,Metashapeのノードロックライセンスが壊れてしまい,復旧にえらい目に遭ったので,直接Windows上で動くようになったのは歓迎です。

インストーラーの価格は5,999円です(私はDocker版の購入者であり,割引価格で買いました)。


私が完全退職し,
・Metashape(50〜60万円)
・TNTmips(約85万円)
を使えなくなり,それでも自宅でUAV-SfMをやりたくなったら,WebODMとQGISを使った資源量把握法のマニュアルを書くのですが,今は慣れた有料ソフトが使えるので,やりません。

3月の森林計画学会のシンポジウムで,
「学会として,WebODM + QGISでマニュアル書を作って公開すればどうか?」
と提言したのですが,
「言い出しっぺがやれば?」
みたいな発言があり,その後私にはどこからも何の連絡もなく,私にも今はやる気はありません。

私には,世に問うべき論文がまだ数本あります。
・海岸マツ林のドローン画像の目視判読(執筆中)
・林内でのGNSS測量(近く投稿予定)
・ドローン+OWLで省エネ毎木
・AIによるマツ枯れの画像認識

そうそう,P4RTKの精度検証は,最終原稿を大型連休中に出したのですが,1月以上立ってもゲラがまだ来ません。
印刷所に事故があったとか?
計画学会に問い合わせてみます。

posted by Dr.koba at 05:26| Comment(0) | 写真測量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする