2021年09月15日

Phantom 4 RTKで間伐予定地を空撮

これまで私は,Phantom 4 RTKでは,
・富山県森林研究所樹木園内のスギ林の空撮
・入善町と富山市の海岸マツ林の空撮
しかやったことがなく,昨日初めて,実際の山で空撮をしました。

大きな課題が浮き彫りになりました。

動画1本です。





全部で8本ありますが,残りの動画を見たい方は,
YOUTUBEチャンネル「森林ドローン研究室」
で視聴ください。

とりあえず,FIX解が出やすいように,ドローン用の発射台を用意します。
今私の頭にあるのは以下のものです。
(1)1BOXカーなど背の高いクルマの屋根を洗うための踏み台(2段式)
(2)100円ショップで大きめのかごを買い,裏返しにして3段重ね
(3)アルミの折り畳み式脚立の上にベニヤ板を載せたもの

どれにしようかな?

追伸)
この場所は携帯電話圏内なので,D-RTK2を使わなくても,N-TRIP方式で補正情報が受信でき,Phantom 4 RTKでRTK測位ができるはずなのですが,研究所でソフトバンクのIchimillサービスに加入してもらい,開通したのが9月10日で,設定法の勉強やらRTK測位の練習をしている時間がなかった(現場は来週9/21以降間伐予定)ので,空撮に先立ち,基準点の静止測量とPPK解析を行い,基準点の座標を確定したのち,D-RTK基地局を利用しました。

2021/9/9 現地の下見とGCP候補地の選定,設置(4か所)
2021/9/10 基地局含む3個のGCPの静止測位(約5時間,DG-PRO1RWSを3機使用)
2021/9/14 空撮(Phantom 4 RTK + D-RTK2)

ichimillの使い方も勉強するぞ!

追伸2)
DG-PRO1RWSによる林内測量の精度検証論文を某学会誌に投稿中です。
1審はB判定(軽傷)で,現在2審中です。
もうすぐ受理され,年内には印刷されるのではと思っています。

posted by Dr.koba at 06:38| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: