2020年02月11日

ファーウェイp8lite+DG-PRO1RW

2020年1月8日に購入した,2周波RTK受信機:DG-PRO1RW(以下「RW」と記述)で森林内の静止測位を行うべく,練習をしています。
(※現行機種はRWの後継の,RWSです。)

いろんな壁にぶつかっているので報告しておきます。

私は,数時間の静止測位(放置プレイ)を考えており,普段身につけているスマホ(ファーウェイp30lite)ではなく,古いスマホをデータロガーとして使おうとしています。

自宅書斎の窓辺で実験中の写真です↓。
p8lite_00.gif

スマホの機種は,ファーウェイ社のp8lite(Android 6.0)です↓。
p8lite_01.gif

電話としては使っていないので,SIMカードはありませんが,SDカードが差してあり,SDカードを優先的な保存先に指定していました。
p8lite_02.gif

この状態でRAWデータのログを取ろうとすると,以下のようなエラーが出てファイルが書き込めません↓。
p8lite_03.gif

内蔵メモリを優先的な保存先に変更すると,ちゃんとログファイルが,内蔵メモリ内に生成されます。


RWはデフォルトでGLONASSがオフになっています↓。
drogger_01.gif

これに気付かず,なぜ私のRWではGLONASSが見えないのか,ずいぶん悩みました。

真っ先にオンにしましょう↓。
drogger_02.gif

RAWデータの記録を,オフから
drogger_03.gif

オンにします↓。
drogger_04.gif

STARTをタップすると,RAWデータの取得が始まります↓。
drogger_05.gif
横棒が太いと1周波,細い2本だと2周波のようです。
棒の長さは受信状態で,黄色→水色→緑色と信号が強くなるようです。

しかし,しばらくすると(1分だったり2分だったり,数分だったり),受信をやめてしまいます↓。
drogger_06.gif

Bluetoothの問題かと思い,接続オプションのkeep alive設定をオフから↓
drogger_07.gif

オンに変更すると↓
drogger_08.gif

以前より長くrawデータを取り続けるのですが,また止まります。今度は,モバイルバッテリーのLEDランプが消え,RWが動いていません↓。
drogger_10.gif

ということで,少なくとも,
ファーウェイp8lite+DG-PRO1RW
の組み合わせでは危なくて森林内に置きっ放しにはできない,
という結論に至りました。

これからファーウェイnova lite2(android 8.0)+DG-PRO1RW
の組み合わせで同じことをやってみます。











posted by Dr.koba at 10:25| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: