2013年08月25日

計画図をGarminで表示(jnx編)3

GeoTiff -> jnxの変換には,mapc2mapcというソフトウェアを使いますが,mapc2mapcでGeoTiff画像を扱うには,GDAL(Geospatial Data Abstraction Library,無料)というソフトウェアを予め導入しておく必要があります。

というわけで,GDALのインストールの説明を以下にします。

まずはここ↓を開きます。
http://www.gisinternals.com/sdk/PackageList.aspx?file=release-1600-gdal-1-10-0-mapserver-6-2-1.zip

以下の画面が開くので,赤で囲んだもの(Generic installer for the GDAL core components)をダウンロードする↓。
GDALのDL画面.gif

.msiファイルを実行するとGDALのインストールが始まる。

以下に画面を連続で示す。
GDAL_1.gif

GDAL_2.gif

GDAL_3.gif

GDAL_4.gif

GDAL_5.gif

GDAL_6.gif

インストール後は特に何も起こりませんが,ちゃんとGDALが入りました。
これで,mapc2mapcからGeoTiffを呼び出しても警告が出ないはずです。
警告はこの記事にあり↓。
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/372214162.html


posted by Dr.koba at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Garmin GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック