2024年01月20日

計画研究発表大会のスライド

2/26(火),27(水)に開催される,林野庁の森林研究所計画研究発表大会のスライド一覧です↓。
スライド一覧.png
学会発表ではないので,事前に内容がバレても全く問題はありません。

昨日(1/19(金))がパワポファイル提出の締め切りでした。
本番の1ヶ月以上も前にスライドの提出は正直きつい(学会発表などは,当日にUSBメモリからノートPCへコピーが普通)ですが,審査員の先生方にも事前に見せる必要があるのか,1月前がデフォルトのようですね。
昨年9月の林道研究会も,1月前の8月にスライド提出でした。

計画研究発表会は11年前に「森林境界明確化」について発表しました。その時の会場は東京大学農学部でした。
昨年(R5)の会場も東大だったようなので,今回から国立オリンピック記念青少年総合センターに変わったようです。

前回11年前に発表したときは,テーマ別に2会場に別れて同時進行でしたが,今回は2テーマ合計で12課題と少なく,1会場での開催です。
少し寂しい気がしますが,コロナ禍の影響か?,時代の趨勢か?

追伸)
私の研究員人生も残りあと1年ちょっととなりました。
このブログを毎回読んでくださっている方,ぜひ私を講師として呼んでください。
最後の1年,どこか富山県外の林業関係者の前で講演させてください。
よろしくお願いします。

前回(11年前)の論文が見つかったので,記念にPDFファイルへのリンクを載せておきます。
https://drive.google.com/file/d/0B-o0FwX7ib76SW5sYkphTVlaMVk/view?usp=sharing&resourcekey=0-tUNuZk8PKjbfbrLsaRSaLA




posted by Dr.koba at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパー地形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月16日

過去写真オルソモザイクをスーパー地形で表示(2)

以前の記事
https://gpsrsgis.seesaa.net/article/502028468.html
には誤りがありました。
元写真が100枚前後のオルソモザイク画像を変換したつもりが,単写真の変換になっていました。

100枚前後のオルソモザイク画像はファイルサイズが大きく,たとえ24bitカラーを8bitカラーパレットに変換してファイルサイズを1/3に減らしても,カシミール3Dで読み込めない(読めないとマップカッターでkmzに変換できない)という問題にぶち当たりました。

TNTmipsで確認すると,元のオルソモザイク画像のセルサイズ(地上分解能)は0.2〜0.25m/pix程度になっていたので,思い切って0.5m/pixに間引くことにしました。

以下,新しい手順
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(1) TNTmipsで,オルソモザイク画像のセルサイズを0.5m/pixにリサンプル
(2)   〃   WGS84LL(EPSG4326)へリサンプル
(3)   〃   でBitmap画像でエクスポート
(4) IrfanViewでカラー24bitを8bitに減色(カラー画像の場合)
(5) シミール3DでBitmapを開き,TNTmipsのレイヤ情報の左上,右下の緯度経度を付与
(6)   〃   マップカッタープラグインでkmzとしてエクスポート(品質80%,10x10面)
(7) スーパー地形が入ったスマホに,kmzファイルをコピー
(8)     〃     スマホのFilesアプリでkmzを選び,アプリで開くで「スーパー地形」を選んで開く
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
少しでもファイルサイズを小さくするため,kmzの画質はデフォルトの80%でやる。


過去写真のオルソモザイク画像を現場に持って行けば,森林境界明確化の強力な助っ人になるはず..
私がやっているホームページも参考に↓
https://shinrin-kyokai.jimdofree.com/







posted by Dr.koba at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパー地形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月12日

筆ポリゴンをスーパー地形で表示

筆ポリゴン(森林簿情報含む)をスーパー地形で表示するまでの手順をメモしておく。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
(1) QGISでQGIS用データセットのうち,旧市町村別の筆ポリゴンのshapeを開く(JGD200-VII)
(2)  〃 開いたレイヤをGeoJSONでエクスポート(CRSはそのままEPSG2449でよい)
(3) GeoJSONファイルを,スーパー地形がインストールされたスマホへG-Mailで添付送信
(4) スマホのG-Mailで,添付ファイルをダウンロードし,スーパー地形で開く
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
CRSをEPSG4326にリプロジェクトしなくてもちゃんと重なってくれた。


posted by Dr.koba at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパー地形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする