2022年07月29日

有峰湖周辺のDEMの不具合

以前の記事で,「うれ往来」のルートに関連する地区での赤色立体地図の不具合について書きました。
https://gpsrsgis.seesaa.net/article/490012783.html

赤色立体地図が粗い → 元の標高データ(DEM)も粗い
というところまで調べたのですが,さらに遡って,国土地理院と富山県との協定に基づいて入手してあった,レーザー計測データを調べてみました。

有峰湖西岸の,ORIGINALとGROUNDのフットプリント(照射点)をオルソ写真に重ねたものです。
画像をクリックして,単独で大きく表示して見てください。
地表まで到達せず?.gif

どうやら上層植生のある場所では,GROUNDデータ(地表面データ)がほとんど存在しないようです。

オリジナルのX,Y,ZデータをTNTmipsから.LASでエクスポートし,そのLASデータから地表面を分類するモジュールに掛けた結果の画面です。
lasの分類結果1.gif
パラメータは全てデフォルトなので,調整する余地はあるのかもしれませんが(どういじればいいかわからない),地表面として分類される点数が圧倒的に少ないので,レーザーが地面まで届いていないのでしょう。

植生の影響によるレーザ不到達であれば,今年の4点/m2での計測でもダメな気がしますが,どうなんでしょうか?

とにかく,有峰湖周辺その他,旧大山町の一部(H21国交省レーザ計測)の赤色立体図およびDEMは一部のデータがおかしいので,使うときには要注意ということにしておきます。

来年データが入手できたらまた顛末を書きます。

これでひと区切りを付けますよ〜だ。


posted by Dr.koba at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月27日

赤色立体地図をカシミール3Dで表示

赤色立体地図をカシミール3Dで表示するためのマニュアル書を作成しました。

カシミール3Dのほかに,有料GISソフトのTNTmipsを使いますが,QGISでも画像のプロパティで四隅の緯度,経度が確認できるので(QGISでは十進数の度表示:ddd.ddddddddd),同じことができるはずです。

画像11枚と,最後にPDFファイルも載せておきます。

RedManual_ページ_01.png

RedManual_ページ_02.png

RedManual_ページ_03.png

RedManual_ページ_04.png

RedManual_ページ_05.png

RedManual_ページ_06.png

RedManual_ページ_07.png

RedManual_ページ_08.png

RedManual_ページ_09.png

RedManual_ページ_10.png

RedManual_ページ_11.png

赤色立体地図へのカシミール3D用位置情報付与マニュアル.pdf


posted by Dr.koba at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月25日

林縁や林内でのGNSS測量

令和4年度の林野庁の委託調査(一般競争入札)で森林内外でのGNSS測量に関する案件が公募中です。
https://www.rinya.maff.go.jp/j/supply/itaku/20220721_1.html
仕様書の作成に当たっては,

日本森林学会誌の私らの論文
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/104/1/104_1/_article/-char/ja
や,
井貝紀幸さんの論文
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs/103/6/103_395/_article/-char/ja
も参考にされているかと思われます。


ただ,どこが落札しても,こうすれば森林内で高精度測位ができますよ,という手法を提示するのは難しいと私は思います。

こういう案件を目にすると,未発表のデータ解析結果をまた投稿しなければ,という意欲が湧いてきて,私にはありがたいことです。


posted by Dr.koba at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする