2018年03月06日

オルソモザイクに位置座標を与える

PhotoScanで作成したオルソモザイク画像に位置座標を与える動画です↓。




Open Hardware Monitorの紹介

Open Hardware Monitorは私のお気に入りの小道具で,全てのPCのデスクトップ画面で,Windowsの起動と同時に,ガジェット形式で表示されるように設定しています↓。

ガジェット画面.gif

ホームページはここです↓。
ホームページ画面.gif
http://openhardwaremonitor.org/

通常の画面はこれです↓。
通常画面1.gif

ガジェット形式も表示するには,View/Show Gadgetにチェックし↓,
通常画面2.gif

ガジェット内に表示したい項目を選んで右クリックして,一番下のShow in Gadgetをチェックしてください↓,
通常画面3.gif

最前面表示やフォントサイズの変更は,ガジェットを右クリックです↓。
ガジェット画面4.gif

気に入って常用する方は,ホームページから[DONATE]してください。

そうそう,PC起動時に自動スタートさせるには,Options/Run On Windows Startupにチェックです↓。
通常画面4.gif

それではみなさん,Happy PC Lifeを。


posted by Dr.koba at 05:25| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

PhotoScanでオルソモザイクを作る

PhotoScanのデモ版で過去写真のオルソモザイク画像を作成する一歩手前までの手順を説明した動画です↓。



空中写真のダウンロード

国土地理院のホームページから空中写真画像をダウンロードする手順の動画です↓。



ここでダウンロードできるのは400dpiの画像です。

国土地理院には,1200dpiや1270dpiの画像が保存されています。
高解像度のものは有料で購入するか,地理院と自治体との協定に基づき,申請書を出して無料で入手する必要があります。

富山県は地理院と協定を結んでいますが,富山県の森林研究所が鳥取の空中写真を申請するのは理屈に合わないので,400dpiのオルソモザイクを作成し,鳥取市の講演会で使用する予定です。


posted by Dr.koba at 09:17| Comment(0) | 写真測量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

基盤地図情報の取り込み

今月下旬に鳥取で講演をします。

デモで鳥取市周辺の過去写真のオルソモザイク画像を見せたいと思い,オルソのGCP採取用に基盤地図情報を使おうとひらめき,データの取り込みをやってみました。


国土地理院の基盤地図情報サイトからダウンロードした基本項目情報をシェープファイルに変換する動画です↓。



上で作ったシェープファイルをTNTmips用データに変換する動画です↓。
posted by Dr.koba at 11:33| Comment(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする