2017年07月11日

exiftoolによる標高値の書き換え

exiftool本体とExifToolGUIを別々にダウンロードし,解凍したファイルを同じフォルダにコピーし,
"exiftool(-k).exe"を"exiftool.exe"にリネームしたフォルダ↓。

exiftool_0.gif

ExifToolGUI.exeを起動し,Z値を書き換える写真が入ったフォルダを指定して,KIさんから教えていただいたコマンドをコピペし(昨日はコピペせずに手入力したので半角スペースがなくてエラー出た),
-n -tagsFromFile @ -GPSAltitude+=ALT *.*

"ALT"を"-24.18"に書き換える(なぜか"-=24.18"ではハングアップ)
-n -tagsFromFile @ -GPSAltitude+=-24.18 *.*

Warningが出るが,エラーじゃなさそうだ↓。
exiftool_1.gif

WarningはDJI725から始まっている↓。
exiftool_2.gif

処理後に24.18mが引かれているかチェック↓。

DJI352の処理前↓
DJI352_標高補正_前.gif

DJI352の処理後↓
DJI352_標高補正_後.gif
1946.77−1922.59=24.18(OK)

DJI728の処理前↓
DJI728_標高補正_前.gif

DJI728の処理後↓
DJI728_標高補正_後.gif
2018.87−1994.69=24.18(OK)

DJI765の処理前↓
DJI765_標高補正_前.gif

DJI765の処理後↓
DJI765_標高補正_後.gif
2018.97−1994.79=24.18(OK)

引き算OKみたいだ!

PhotoScanで作った,Z値補正なしのDSMはこれ↓(スケールバー:1.85〜1.97km)
弥陀ヶ原_補正前DSM.gif

Z値補正後のDSMはこれ↓(スケールバー:1.82km〜1.95km)
弥陀ヶ原_補正後DSM.gif

スケールバーの数字が概ね0.02km(20m)下がったので,真の標高値に近いDSMができた模様です。

きえふさん,KIさん,大変ありがとうございました!

追伸)
今日はスギ林の空撮中にPHANTOM 4 PROを墜落させてしまい,猛暑日の捜索で汗だくになり,本当にひどい目に遭いました。
PHANTOMは白色なので,林内(基本色は緑色)では探しやすいです。
MAVICだと発見は難しいと思います。
PHANTOMにして正解でした。
石川林試のYさん,見てますか?

posted by Dr.koba at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真測量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ExifToolGuiでエラー

KIさんに教えていただいた,exiftoolGUIを使ってみました。

うまく動きませんでした。

exiftoolgui_エラー.gif

ちゃんと動くまで頑張ります。

posted by Dr.koba at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真測量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テザリング

携帯電話回線の送受信機能を持たないiPad Wi-Fiモデル(アップルのタブレット)と,
携帯電話回線の送受信機能を持っているp8 lite(ファーウェイのAndroidスマホ)の,
テザリング(連携?)に何とか成功しました。

忘れないように,キャプチャ画面を載せておきます。

テザリング1.gif

テザリング2.gif

テザリング3.gif

テザリング4.gif

テザリング5.gif

テザリング6.gif
このパスワードをメモして後でiPadに入力する。

テザリング7.gif

テザリング8.gif

災害現場などにPHANTOM 4 PRO一式を持ち込み,その場でp8lite -> (iPad+GS PRO)で自動計測コースを,衛星写真(Google Earth?)上で設定することが可能になるはずです(携帯電話が通じる場所が前提ですが)。


posted by Dr.koba at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

簡易標高値補正法(案)

きえふさんのコメントから閃きました。

(現場にて)
(0)折りたたみ型ヘリポートにPHANTOMを置く

(1)離陸前にDJI GO 4で写真を2〜3枚撮る
EXIFにPHANTOMの気圧高度計の値が記録される(z1とする)
a離陸前_p4pEXIF.gif
z1=1946.62m

(2)GS PROで自動計測(静止画の空撮)を行う

(3)自動帰還後,再びDJI GO 4で写真を2〜3枚撮る
EXIFにPHANTOMの気圧高度計の値が記録される(z2とする)
b離陸後_p4pEXIF.gif
z2=1946.98m

(4)折りたたみヘリポート上でガーミンGPSでウェイポイントを取る
c離陸後_ヘリパッド.gif

(オフィスにて)
(5)上記のウェイポイントの標高値を,PC版スーパー地形で計測する(z3とする)
dスーパー地形.gif
z3=1922.62m

標高のオフセット値=(z1+z2)/2−z3(Δzとする)
Δz=(1946.62+1946.98)/2−1922.62=1946.80-1922.62=24.18(m)

このΔzの値(24.18)を,すべての空撮写真のexif高度値から引いてやる

例えば,100枚の写真のexifの高度値を一括して書き換える(z'=z−Δz)方法をご存じであればお教えください。

z':補正後の標高値
z:空撮写真のexifに記録された,Phantom高度計の標高値
Δz:補正値






posted by Dr.koba at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

スーパー地形をiPadに入れてみた

DJIのGSPROを使うために買ったiPadですが,「スーパー地形」を入れてみました。

以下,タブレットの画面集です。

sIMG_0034.gif

sIMG_0035.gif

sIMG_0036.gif

sIMG_0037.gif

sIMG_0038.gif

sIMG_0039.gif

sIMG_0040.gif

sIMG_0041.gif

sIMG_0042.gif

sIMG_0043.gif

sIMG_0044.gif

sIMG_0045.gif

sIMG_0046.gif


よく調べてみたら,私のiPadはWiFiのみ版で,GPS受信機は内蔵していないのですね↓。
iPadスペック2.gif
がぁ〜〜〜ん。
ざんねん。

DAN杉本さんは,Android版を現在開発中で,年内公表が目標だそうです。



posted by Dr.koba at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする