2019年05月21日

林内でfix解?

Reachシリーズを販売しているEmlid社のfacebookページで,RS2を林内において測位している写真を見つけました。

dense forestsとありますが,全然denseじゃないですけど

もっと混んだ林でもfix解が出るようだと,森林測量に革命が起きますね。

いずれblogで報告がありそうです。

要注目ですね。





posted by Dr.koba at 05:09| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

裏山三角点でもFIX解が出た(誤差1cm)

連休前の4/23(火)に裏山に登り,三等三角点「栃津」でReach RS+による静止測位をしました。

公用車に空きがなく,2脚とポール,受信機一式を担いで高度差約100mを登って設置し,一度研究室へ戻り,夕方また登って回収しました。

測量中の写真です↓。
a_測量中写真.jpg

後処理ソフト(RTKLIBのrtkpost.exe)の画面です↓。
b_rtkpost_画面.gif
電子基準点は,最寄りの,「大山」を使用

約5時間放置したのに,FIX解は出ませんでした(GPS+GLONASS+QZSS)↓。
c_栃津Excel_3衛星.gif

三角点上空に覆い被さってきているソヨゴのせいでFIXしないのか...
と思っていたのですが,先日氷見市でGPSのみを使ったらFIX解が出たので,ここでもGPS衛星だけを使って再解析してみました。

Excelの画面です↓。
d_栃津Excel_1衛星.gif
ばっちりFIX解が出まくりました!

ratio=999.9の最後のエポック(GPS時刻=6:59:00)の時の緯度経度を平面直角座標系に変換し,基準点情報の「栃津」三角点の座標と比較したExcel画面です↓。
e_栃津三角点_測位誤差.gif

なんと,東西方向,南北方向ともに誤差1cmを達成しました。

やったぜベイビー。


posted by Dr.koba at 16:42| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

GPS衛星だけでFix解が出た!

先週,氷見市某所でReach RS+による静止測量をやってきました。

RTKLIBによる後処理解析をやると,T2(ため池堤上の開空地で1時間放置)でもFIX解が出ませんでした。

T2を含む調査地の位置図です↓。
T2位置図.gif


最寄りの電子基準点は,「氷見」と「高岡」で,どちらも10kmを少し超えるような微妙な位置にあります。

RTKLIBによる後処理解析の解説サイト,
https://hdtopography.github.io/learning/book/GNSS/3.analysis/3.analysis.html
では,測位衛星として,
========================
(1)GPS(米国の測位衛星群)
(2)GLONASS(ロシアの測位衛星群)
(3)QZSS(みちびき)
========================
の3種類を使う画面が載っていますが,GPS衛星だけを使う画面も載っており,GLONASSとQZSSを除外したらどうなるかをやってみることにしました。

結果です。

まずは,3衛星の場合のExcel画面です↓。
FIX解なし_3衛星.gif
測位時間約1時間の間,全ての時間帯でQ=2(フロート解)のままで,FIXしていません。

次に,1衛星(GPSのみ)の場合の画面です↓。
FIX解あり_1衛星.gif
測位開始10分強過ぎ(GPS時間:2時7分,日本時間:11時7分)あたりからQ=1が最後まで続き,ずっとFIXしています。

<教訓>
「3衛星群でFIX解が出ない場合でも,
GPS衛星群だけを使うとFIX解が出る場合がある。」


またひとつ賢くなりました。


posted by Dr.koba at 10:05| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする