2018年08月28日

Map64sc英語版で日本語OSMを表示

最近GARMINのGPSMap64sc英語版を買いました。

無料の地図を入れたいと思い,Open Street Mapの日本語版(UTF-8)を入れたのですが,64scの起動時に,
「Can’t Authenticate Maps」
と警告が出て,認識されません。


このサイト↓
https://osm-for-garmin.org/
で勉強していろいろやってみたことをメモに残しておきます。


https://osm-for-garmin.org/cannot-authenticate-maps/
に書いてある方法のうち,まず,
対策(3):パッチ当て作戦です!
を試したのですが,パッチ当てソフトのダウンロードまでにたどり着けずに力尽きました。
ダウンロードするにはユーザ登録をせよと言われたが,登録してもDLできず。
おまけに,Windows10のデスクトップ画面に定期的に白人のお姉ちゃんの画像が出てくるようになって最悪です。

次ぎに,
対策(2)ダミーファイル作戦です!
を試しました。

バイナリエディタ検索結果の一番上に出てきた,Stirlingで
E9FD13000480を
A40313000480に置換(379個)して上書き保存

これで「Can’t Authenticate Maps」は出なくなりました。

が,OSM上に文字が表示されません↓。
72.bmp

日本語フォントを入れ忘れていました。

そこで,
https://osm-for-garmin.org/japanese-fonts/
に従って,meiryo.ttcを変換して.binを作ったが,map64scは日本語を表示してくれませんでした。

次ぎに,IPAフォント
https://ipafont.ipa.go.jp/
やらで試したがだめでした。

諦めかけたのですが,昔作った日本語フォント
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/285389174.html
を入れてみたら,なんと日本語が表示できてしまいました↓。
329.bmp

以前作った,林道の起点,終点や山のウェイポイント名も無事日本語で表示できました。
433.bmp

456.bmp

とりあえずめでたしめでたし。

理屈はわかっていませんが..










posted by Dr.koba at 05:35| Comment(0) | Garmin GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

Waypoint Averaging

機能があることは知っていましたが,これまで使ったことがありませんでした。

ドローン空撮画像と地上調査地の範囲をなるべく一致させるため,ウェイポイントの平均化をやってみました。

とある調査地のOregon550の動画2本,Oregon650の動画2本です。














posted by Dr.koba at 05:57| Comment(0) | Garmin GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

伐採予定地をガーミンに登録

現地までのナビゲーションのために,カシミール3DからガーミンOregon 550(英語版)にウェイポイントを移してみました。

カシミール3DのGPSエディタ画面です↓。
k3d2ガーミン1.gif
英語版ガーミン用に,頭に半角英数で「ke_」と付けるところがミソです。

GPX形式で保存します↓。
k3d2ガーミン2.gif

保存したファイルです↓。
k3d2ガーミン3.gif

ファイルコピー後のOregon 550のGarmin\GPXフォルダの中身です↓。
k3d2ガーミン4.gif

Oregon 550(英語版)を起動し,[Where To?]をタップ↓
k3d2ガーミン5.gif

[Waypoints]をタップ↓
k3d2ガーミン6.gif

[ABC]をタップ↓
k3d2ガーミン7.gif

アルファベット入力画面が開く↓
k3d2ガーミン8.gif

「KE」と入力して緑のチェックマークをタップ↓
k3d2ガーミン9.gif

keから始まるウェイポイントが表示される↓
k3d2ガーミン10.gif

行きたいウェイポイントを選ぶ↓
k3d2ガーミン11.gif

地図画像が開いたら,[Go]をタップすれば目的地まで誘導してくれるはず↓
k3d2ガーミン12.gif

posted by Dr.koba at 16:18| Comment(0) | Garmin GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする