2012年05月18日

Garmap CE用データセット

私が使用しているJUNO SB(トリンブルGPS Pathfinder SB)用のmicroSDの中身を紹介します。

microSDの容量は16GBで,プロパティを表示したのがこの画面です↓。
microSD1.png
約6GB使用中ですが,まだ半分以上余裕があります。

フォルダ構成は以下のようになっています↓。
microSD2.png
例えば,「LT25K340M」というフォルダには,LargeToyama(私が決めた富山の大範囲)の地理院地図画像25000(25k)で,容量が340MBのデータが入っています。また,「全県計画図_960X1280」には,横960ピクセル×縦1280ピクセルに分割した森林計画図が,旧市町村別のサブフォルダに格納してあります。

大富山範囲の地理院地図画像50000の画像の例を示します↓。
microSD3.png
これは,カシミール3Dで予め標高データと重ね(mat画像),地名データ(山の名称:オレンジ色)とe00データ(市町村界:黄色)を表示した状態で切り出してあります。

小富山範囲の地理院地図画像25000の画像の例を示します↓。
microSD4.png
これは,市町村界(平成合併後)を青色で,また,山名を赤色で表示した状態で切り出しました。

自作したオルソフォト画像の例を示します↓。
microSD5.png
これは昭和36年に撮影された空中写真からTNTmipsを使って作成したオルソフォトをカシミール3D用に変換し,更にGarmap CE用に切り出したものです。

森林計画図の例を示します。
microSD6.png
これは白黒1bit画像として切り出してありますが,標高データと重ねた状態(前述50k,25kのように)で切り出すことももちろん可能です。
全県分の森林計画図が1枚のメモリーカードに収納でき,適宜切り替えて,現在地周辺を表示できるのは便利だと思いませんか?

以上紹介まで。



posted by Dr.koba at 18:50| Comment(0) | Garmap CE (無料PDA用ソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

Garmap CEの設定

JUNO SB(Trimble GPS Pathfinder SB)でのGarmap CEの設定方法を以下に書きます。

まずJUNO SBを起動すると,以下のようなスタート画面になるはずなので,「スタート」をタップ(ペンで指す)します↓。
ガマ_01.png

メニューの中から,「ファイルエクスプローラ」を選びます↓。見つからなければ,「プログラム」の下から探し出してください。
ガマ_02.png

先にGarmap CE関連のファイル群をコピーした,「Garmap」フォルダをタップします↓。
ガマ_03.png

GarmapCEをタップします↓。
ガマ_04.png

Garmap CEが起動します↓。
ガマ_05.png

Optionをタップし,「Registor NMEA Monitor...」をタップします↓。
ガマ_06.png


開いた画面左下の上向き矢印アイコン[↓]をタップするなどして↓,「マイデバイス」フォルダに移動します

ガマ_07.png

「マイデバイス」フォルダ下の「Garmap」フォルダをタップします↓。
ガマ_08.png

「NMEAMon」をタップし↓,NMEA Monitor CEを登録します。
ガマ_09.png

Garmap CEの画面に戻ります↓。
ガマ_10.png

本体下の右向き矢印(カーソル)ボタンを手の指で押します↓。
ガマ_11.png

nmeamonが起動します↓(以下本体下の右向きカーソルキーでGarmapとNMEAMonを行き来できる)。
ガマ_12.png

Option/Preferenceをタップします↓。
ガマ_13.png

こんな画面が出ます↓。
ガマ_14.png

Transfer Map Datum左のチェックボックスをタップして,測地系の中からWGS84を選びます↓。
ガマ_14b.png

再びチェックボックスをタップしてチェックマークを外し,COM Portの上向き矢印をタップして4を選びます↓。
ガマ_14c.png

最終的に以下の画面になったことを確認してください↓。
ガマ_15.png
JUNO SBの内蔵GPSはCOM4で動作します(ユーザーガイドp.63)。
http://www.nikon-trimble.co.jp/support/pdf/faq/guide/pathfinder_sb_userguide.pdf
ちなみに,Mio168やMio168RSなどの内蔵GPSにはCOM2が割り当てられています。
番号を間違えると,どれだけ待ってもGPS衛星が捕まりません。

測地系とCOMポートの設定が終わると,以下の画面が出るので↓,Message右上のOKをタップします。
ガマ_16.png

File/Exitでいったんnmeamonを終了します↓。
ガマ_17.png

File/Exitでいったんgarmapceを終了します↓。
ガマ_18.png

再びGarmap CEを起動し↓
ガマ_19.png

PDA本体の右カーソルキーを押し↓
ガマ_20.png

NMEA Monitor CEを起動します↓。
ガマ_21.png

ここで,GPS衛星を捕まえるために,JUNO SBを持って屋外に出ます。外に出てしばらく待つと,衛星が1個捕まります↓。
ガマ_22.png

更に待つと,複数の衛星が捕まります↓。
ガマ_23.png

たくさん捕捉し,緯度経度の値も表示されました↓。
ガマ_24.png

本体下のボタンを押してGarmap CEに切り替えたところです↓。白抜きカーソル。
ガマ_25.png

同じくGarmap CEの赤塗りつぶしカーソル↓(点滅します)。
ガマ_26.png

ここまで来れば一安心。NMEA Monitor CEを終了します↓。
ガマ_27.png

Garmap CEも終了します↓。
ガマ_28.png

Garmap CE用の地図画像の切り出し(カシミール3Dから)や,
Garmap CEでの地図画像の表示方法については,
別の記事名で掲載します。










posted by Dr.koba at 19:45| Comment(0) | Garmap CE (無料PDA用ソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

Garmap CEのインストール

Windows Mobile デバイスセンターでPCとPDA(Trimble GPS Pathfinder SB(=JUNO SB))を接続し,JUNO SB本体(¥記号)のファイル一覧を表示します↓。
gama1.gif

右窓の空白(白い)部分をマウスで右クリックしてメニューを開き,「新規フォルダー」を選びます↓。
gama2.gif

新しいフォルダが,「新規フォルダー」として青く表示されます↓。
gama3.gif

フォルダ名は何でもいいのですが,ここでは,「Garmap」と命名します↓。
gama4.gif

この「Garmap」フォルダへ,Garmap CEのダウンロードでダウンロードして解凍した4つのファイルをコピーします↓。
gama5.gif

続いて,このフォルダへ,NMEA Monitor CEのダウンロードでダウンロードして解凍した1つのファイルをコピーします↓。
gama6.gif

これで,JUNO SBでGarmap CEとNMEA Monitor CEを動かす準備ができました。


posted by Dr.koba at 17:20| Comment(0) | Garmap CE (無料PDA用ソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする