2013年10月17日

時系列鳥瞰図

今日行く現場の鳥瞰図6枚です↓。
古鹿熊1961_s36_C15-8_鳥瞰図.jpg
昭和36年撮影

古鹿熊1976_s51_C5A-4_鳥瞰図.jpg
昭和51年撮影

古鹿熊1983_s58_C4-24_鳥瞰図.jpg
昭和58年撮影

古鹿熊1988_s63_C19-14_鳥瞰図.jpg
昭和63年撮影

古鹿熊1993_h05_C12-7_鳥瞰図.jpg
平成5年撮影

古鹿熊2003_h15_C14B-6_鳥瞰図.jpg
平成15年撮影

カシミール3Dのカシバードでは,.bsdというファイルを保存すれば,他の写真でも同じアングルで鳥瞰図が作成できますよ!

2013年09月22日

カシミールで植生タイルを表示

環境省の植生図を,(株)エコリスがタイル画像化したものを,カシミール3Dで表示できると知ったので↓,
タイル0.gif
早速やってみました。

カシミール3D:v9.0.7
タイルマッププラグイン:v0.2.3

タイルマップの選択画面で,3ページ目の空欄の設定をクリック↓
タイル1.gif

開く窓で「設定読み出し」をクリック↓
タイル2.gif

(株)エコリスのタイル画像群ほかが表示される↓
タイル3.gif

第5回植生図を選んで,「開く」をクリック↓
タイル4.gif

タイルマップの名前を確認して「ok」↓
タイル5.gif

はい↓
タイル6.gif

ok↓
タイル7.gif

植生図が表示された↓
タイル8.gif
ちなみに,第5回は元図が1/50,000で,全国整備済みです。

次に第6-7回植生図を表示したところ↓
タイル10.gif
第6,7回は元図が1/25,000ですが,未整備箇所があります↓

ついでにツキノワグマの表示です↓
タイル11.gif
東北地方しかデータがないようです。

私は数年前に富山県の植生図(1/2.5万,整備済みのみ)をカシミール3D画像へ変換済みですが,オンラインで全国の1/5万植生図画像が見られるようになって,ありがたいことです。

(株)エコリスさん,ありがとうございます!
※エコリスさんは地理院DEMの変換ソフトも公開されています↓。
http://www.ecoris.co.jp/contents/demtool.html
当ブログでも以前使用させていただきました↓。
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/271752935.html

国土地理院さん,ありがとうございます!

DANさん,ありがとうございます!

環境省さん,未整備図郭を早く整備してください!

2013年05月06日

電子国土オルソのオフライン表示

国土地理院が公開している電子国土
http://portal.cyberjapan.jp/
のオルソ写真画像
http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse2/index_ortho.html
は,カシミール3Dからもインターネット経由(オンライン状態)で表示ができます。
http://www.kashmir3d.com/inetmap/watchizu.html

これをオフラインで表示したいと思いませんか?
例えば,衛星画像の分類結果を現地で検証したい場合など,クルマの助手席にノートPCとGPSをつなげてカシミール3Dを動かし,分類結果画像,地形図画像,電子国土オルソ写真画像等を,分割したウィンドウで並列表示して見比べたい場合などです。

今,アルバイトさんにお願いして,富山県全体分のオフライン表示用データセット(平成合併前の旧市町村別)を作ってもらっています。

備忘録として,その手順を書いておきます。

(1)適当な画像(例えば50mメッシュDEM)をカシミール3Dで表示し,旧市町村界のe00ファイルを重ね合わせて表示する。

(2)ある市町村が全て入る,最小矩形範囲の領域を作成し,その市町村の名前を付ける

(3)オフライン表示したいオルソ画像を表示し,マップカッターで,前述領域を対象に,kmzファイル(私の場合は10x10分割)で保存する(その際,「まだ全てダウンロードできてないので保存できない。」旨の警告が出なくなるまで,ダウンロードをひたすら繰り返す)

(4)kmzファイルを解凍する(custom_map0.jpg〜custom_map99.jpgと,doc.kmlが現れる)

(5)jpgファイルを,お絵かきソフト(私の場合はIrfanViewのバッチ処理)でbmpにフォーマット変換する

(6)カシミール3Dでcustom_map0.bmpを開く(画像枚数を10x10に指定すると,自動的に100枚全部,正しい位置関係で認識される)

(7)doc.kmlをエディタ(私の場合はtextpadだが,メモ帳でよし)で開き,
custom_map0の北の緯度と西の経度を,カシミール3Dの左上点の緯度経度として与える(ddd.dddd形式)
custom_map99の南の緯度と東の経度を,カシミール3Dの右下点の緯度経度として与える(ddd.dddd形式)
オリジナルの測地系はJGD2000なので,JGD2000を与える(WGS84でも差はないはずですが..)

以上の手順で,24bit色のオルソ画像がオフラインで表示できる。

ファイルサイズが大きすぎてハードディスクを圧迫する場合には,
(5.5)bmp画像(24bit)を,お絵かきソフト等で8bitに減色する
(7.5)8bitのbmpを,カシミール3Dの地図画像の圧縮メニューでcmpに圧縮する
をやればよいです。

(5.5)はバッチ処理できるお絵かきソフトがあるかもしれませんが(IrfanViewでもできるけど,やったら変な画像になった),
(7.5)は,個別に100回圧縮を掛ける必要がある(DANさんに要望は出しているのですが,いまだ一括処理は実現していない)ので,根性が要ります。

画像付きで手順を詳細に知りたい方がおられたら,コメント欄に投稿願います。

暇を見つけてアップしたいと思います。

では。