2016年04月23日

最強PCの組立て1

AGISOFT社のPhotoScanというソフトウェアのために,DOS/V機自作歴約25年の経験をもとに,最強のPCを組み立てました。

主な部品は,
M/B:MSI X99A SLI PLUS
CPU:Intel Corei7-5820K 6コア/12スレッド
メモリ:Kingston DDR4 16GB×8=128GB
GPU:AMD Radeon R9 390
です。

時系列写真です↓。

DSCN1846.JPG

DSCN1849.JPG

DSCN1850.JPG

DSCN1852.JPG

DSCN1854.JPG

DSCN1855.JPG

DSCN1856.JPG

DSCN1857.JPG

DSCN1861.JPG

DSCN1862.JPG

DSCN1863.JPG

DSCN1864.JPG

DSCN1865.JPG

DSCN1866.JPG

DSCN1867.JPG

DSCN1868.JPG

DSCN1869.JPG

DSCN1870.JPG

DSCN1871.JPG

DSCN1872.JPG

DSCN1873.JPG

DSCN1880.JPG
GPUはnVIDIAのQuadro 410を仮に付けました。

DSCN1881.JPG
無事起動しました。

DSCN1882.JPG
CPU(Corei7-5820K),メモリ(16,384MB(16GB)×8枚=131,072MB)とも正常に認識されていました。


posted by Dr.koba at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

テンプレートの自作

カシバードで作った画像を,パワーポイントのスライド背景に組み込む手順をメモしておく。

まずはパワポを起動して,表示タブでスライドマスターを選ぶ↓。
スライドマスター_01.gif

スライドマスターが開くので,挿入/図を選ぶ↓。
スライドマスター_02.gif

図が貼り付くが,上下に隙間が空く↓。
スライドマスター_03.gif
下の隙間はフッターやページ番号用なので空けておく。

図を上に伸ばして隙間を埋める↓。
スライドマスター_04.gif

スライドマスターの2枚目を選ぶ↓。
スライドマスター_05.gif

再び図を挿入して,上の隙間を埋める↓。
スライドマスター_06.gif

同じ作業を繰り返し,スライドマスターの最後のページまで図で埋める↓。
スライドマスター_07.gif

名前を付けて保存を選ぶと,デフォルトではプレゼンテーションファイルが表示される↓。
スライドマスター_08.gif
このまま保存してはダメ!

ファイルの種類で,テンプレート(potまたはpotm)を選んで保存する↓。
スライドマスター_09.gif

スライドマスター_10.gif

ここからプレゼンテーションファイルの作成に入る。
パワーポイントを起動し,デザインタブからデザイン他を展開する↓。
スライドマスター_11.gif

テーマの参照を選ぶ↓。
スライドマスター_12.gif

先ほど保存したpot(potm)ファイルを選ぶ↓。
スライドマスター_13.gif

表紙のスライドが開く↓。
スライドマスター_14.gif

タイトル他を入力し,色を変えたりする↓。
スライドマスター_15.gif

スライド2枚目を挿入する↓。
スライドマスター_16.gif

今度はpptxで保存する↓。
スライドマスター_17.gif
これでオリジナル画像を組み込んだスライドの大枠ができあがり!


posted by Dr.koba at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

スライドの背景

講演会のプレゼンで使う,パワーポイント用スライドの背景画像を作っています。

カシミール3Dのカシバードで,いろんな画像を作って遊んでいます。
弘前2岩木山x9.gif
カシミール3Dはやっぱり素晴らしいソフトですね。


posted by Dr.koba at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする