2016年04月23日

最強PCの組立て2

Windows10 64ビット英語版のインストールの写真です。

MS-DOSの時代から,外国製の解析ソフト用PCには英語版のOSを入れることにしています。
まあ,今となっては日本語版のOSでもほとんど問題ないとは思いますが..

DSCN1884.JPG

DVDドライブから起動するように,BIOS(UEFI?)の設定を変更します↓。
DSCN1885.JPG

DSCN1886.JPG

DSCN1887.JPG

DSCN1888.JPG

DSCN1889.JPG

DSCN1891.JPG

DSCN1892.JPG
私の設定は,言語は英語,時刻と通貨は日本,インプットはIME,キーボードはUS-101という変則です。

DSCN1893.JPG
使っていないWindows7のプロダクトキーを入力

DSCN1894.JPG
Cドライブ(SSD:180GB)には前のPCの日本語Windowsが入っているので全て削除してパーティションから切り直します。

DSCN1895.JPG

DSCN1896.JPG

DSCN1897.JPG

DSCN1898.JPG

DSCN1899.JPG

DSCN1900.JPG

DSCN1901.JPG

DSCN1902.JPG
マザーボード付属のDVDからドライバー等を入れるところ。


DSCN1903.JPG

DSCN1904.JPG
あらあら,文字が化けましたね。上述の変則設定が原因でしょう。一流メーカーのASUSなら変則設定でも文字化けした記憶がありませんが,1.5流のMSIなら仕方ないですね。ドライバー名の英語は読めるので大きな支障はないです。

DSCN1905.JPG

DSCN1906.JPG

DSCN1907.JPG

DSCN1908.JPG

DSCN1909.JPG

DSCN1910.JPG

DSCN1911.JPG

DSCN1912.JPG

DSCN1913.JPG
LANケーブルを挿入します。

DSCN1914.JPG
Windowsアップデートを掛けます。

DSCN1915.JPG

DSCN1916.JPG

DSCN1917.JPG

DSCN1918.JPG

DSCN1919.JPG


posted by Dr.koba at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強PCの組立て1

AGISOFT社のPhotoScanというソフトウェアのために,DOS/V機自作歴約25年の経験をもとに,最強のPCを組み立てました。

主な部品は,
M/B:MSI X99A SLI PLUS
CPU:Intel Corei7-5820K 6コア/12スレッド
メモリ:Kingston DDR4 16GB×8=128GB
GPU:AMD Radeon R9 390
です。

時系列写真です↓。

DSCN1846.JPG

DSCN1849.JPG

DSCN1850.JPG

DSCN1852.JPG

DSCN1854.JPG

DSCN1855.JPG

DSCN1856.JPG

DSCN1857.JPG

DSCN1861.JPG

DSCN1862.JPG

DSCN1863.JPG

DSCN1864.JPG

DSCN1865.JPG

DSCN1866.JPG

DSCN1867.JPG

DSCN1868.JPG

DSCN1869.JPG

DSCN1870.JPG

DSCN1871.JPG

DSCN1872.JPG

DSCN1873.JPG

DSCN1880.JPG
GPUはnVIDIAのQuadro 410を仮に付けました。

DSCN1881.JPG
無事起動しました。

DSCN1882.JPG
CPU(Corei7-5820K),メモリ(16,384MB(16GB)×8枚=131,072MB)とも正常に認識されていました。


posted by Dr.koba at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

テンプレートの自作

カシバードで作った画像を,パワーポイントのスライド背景に組み込む手順をメモしておく。

まずはパワポを起動して,表示タブでスライドマスターを選ぶ↓。
スライドマスター_01.gif

スライドマスターが開くので,挿入/図を選ぶ↓。
スライドマスター_02.gif

図が貼り付くが,上下に隙間が空く↓。
スライドマスター_03.gif
下の隙間はフッターやページ番号用なので空けておく。

図を上に伸ばして隙間を埋める↓。
スライドマスター_04.gif

スライドマスターの2枚目を選ぶ↓。
スライドマスター_05.gif

再び図を挿入して,上の隙間を埋める↓。
スライドマスター_06.gif

同じ作業を繰り返し,スライドマスターの最後のページまで図で埋める↓。
スライドマスター_07.gif

名前を付けて保存を選ぶと,デフォルトではプレゼンテーションファイルが表示される↓。
スライドマスター_08.gif
このまま保存してはダメ!

ファイルの種類で,テンプレート(potまたはpotm)を選んで保存する↓。
スライドマスター_09.gif

スライドマスター_10.gif

ここからプレゼンテーションファイルの作成に入る。
パワーポイントを起動し,デザインタブからデザイン他を展開する↓。
スライドマスター_11.gif

テーマの参照を選ぶ↓。
スライドマスター_12.gif

先ほど保存したpot(potm)ファイルを選ぶ↓。
スライドマスター_13.gif

表紙のスライドが開く↓。
スライドマスター_14.gif

タイトル他を入力し,色を変えたりする↓。
スライドマスター_15.gif

スライド2枚目を挿入する↓。
スライドマスター_16.gif

今度はpptxで保存する↓。
スライドマスター_17.gif
これでオリジナル画像を組み込んだスライドの大枠ができあがり!


posted by Dr.koba at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする