2016年07月30日

Phantom3のGPSの精度

6月に職場構内林の撮影をした際,高度が50m程度ずれて記録されていました。

そこで昨日,職場裏山の三角点にPhantom3 Standardを持って行き,GPSの精度検証実験らしきものをやってみました。

動画です↓。



結果は解析中ですが,
三角点の標高339.4mに対して,Phantom写真のexifに書き込まれた高度は333m付近で,あまり誤差はないようです。

なぜ6月に50mもずれたのか,謎です。


posted by Dr.koba at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

衛星数が重要

管理放棄された竹林が,地球温暖化によって,より標高の高い場所へ拡大していくのではないかという仮説のもと,標高の高い場所にある竹林を調査しています。

昨日も,廃村一歩手前?の標高約470mの地点の竹林に調査に行ってきました。

Photoscanでオルソモザイクを作ろうと思い,Mission Hubで予めウェイポイントを仕込んであったのですが,Litchiの制限(GPS衛星数が8未満では離陸不可)で自動離陸,飛行ができませんでした。

下の画面は捕捉衛星数が5個で,[F-GPS]表示が黄土色になっています↓。
衛星数5.jpg
衛星数が8個以上で,[F-GPS]表示が緑色で自動離陸,飛行ができるようです。

私の機体は一番安いPhantom3 Standard(GPS衛星のみに対応)なのですが,上位機種(GPS+GLONASS衛星に対応)だと捕捉衛星数がもう少し増えたのかもしれません。

ガーミンも持って行っていたので,GLONASSのON/OFFで衛星数を比べてみればよかった(後悔)。

仕方ないので,手動で真上に上げて動画のみを撮影しました↓



posted by Dr.koba at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

タブレット画面の明るさ

Phantom3 Standardの飛行補助に,最初はスマホ(Huawei P8 lite)を使い,画面が狭いのでAndroidタブレットに乗り換えました。ASUSの7インチのやつです。

これがとんでもない欠陥(電源スイッチを押しても画面が表示されないことがたびたび起きる)
http://www.itocc.com/blog/asus-memo-pad-hd7_revive/
を持っており,NECの8インチものを買いました。

そしたらそのNECは屋外で画面輝度を最高に上げても暗くて見づらい(DJI GOなどの飛行アプリでドローン付属カメラのライブ画像が不鮮明)ことが判明し,落ち込んでいます。

ASUS真っ暗とNEC↓
P7200022.jpg

裏面↓
P7200023.jpg

ASUSは電源が入らなくなる度に,殻割りをしてバッテリと本体のコネクタを一度外して付け直すと直る↓。
P7200024.jpg

P7200026.jpg

復活したところ↓
P7200028.jpg

P7200029.jpg

昨日,私費でHuaweiの7インチのもの(約1万円)をアマゾンに注文しました。
今度は当たりであって欲しい!

ドローン飛行補助用のタブレットは画面輝度が大事ですね。


posted by Dr.koba at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする