2017年08月23日

(GS PRO)現地でいきなり背景画像と現在地を表示

iPadのWiFi機(GPS非内蔵)でGS PROを使う場合

(1)「背景の衛星画像」は,別のスマホとのテザリングにより表示可能
(ただし,携帯電波の届く範囲内)

(2)「現在地」はドローン内蔵GPS受信機により表示可能
(ただし,リモコン:ON+機体:ONの状態で)

忘れるな -> 自分


posted by Dr.koba at 11:49| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

墜落地点

何度も載せた,GS PROのさいごの画面がこれ↓。
H290810_仁歩墜落後GS PRO.gif

同僚が撮影した墜落現場の機体の写真(位置情報あり)がこれ↓。
墜落地点1.gif

IrfanViewでexif情報を表示して↓
墜落地点2.gif

Google Mapで表示した画面がこれ↓。
墜落地点3.gif

GS PROの最後の画面とほぼ一致してますね↓。
H290810_仁歩墜落後GS PRO.gif

墜落したとき,
・GS PRO最後の画面と地図ロイドのGoogle Earth画面を見比べて経緯度を読み取り,
・ガーミンGPSに手入力してGOTO 
で探せそうですね。

木の枝葉に引っかかった場合は回収が大変ですが..



posted by Dr.koba at 08:23| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

墜落したドローンの捜索方法

ひとつ見つけました。

以前うちの県の林務職員に教えてもらった,「地図ロイド」という無料アプリを使う方法です。

名前にロイドが付いているので,Android専用アプリかな?
私のファーウェイp8liteの画面です↓。
地図ロイド1.png

標準の地図は「地理院地図」ですが,メニューをタップすると↓
地図ロイド1b.png

地図を選択のメニューが出て,それをタップすると↓
地図ロイド2.png

「Google航空写真」が選べます(携帯の電波圏外では使えないそうです)↓
地図ロイド3.png

墜落現場近くでは,左側の[i]の上の[青いアイコン]をタップすると現在地に飛んでくれるので,GS PROの最後の画面と見比べながら,地図ロイドの白い十時カーソルをその現場近くに合わせる↓
地図ロイド4.png
拡大しても鳥瞰図表示にならないのが良いですね。
本家Google Earthは勝手に斜め上から見下ろす表示になるのがうざい!

GS PROの画面はこれ↓
gspro.gif

地図ロイドの十字架を合わせ,右上に表示された緯度,経度を野帳にメモし,ガーミンGPSに手入力し,GOTOでナビをしてもらいながら林に突入し,汗だくになって探す。
地図ロイド5.png

感だけに頼って突入するよりも効率は良いはず。

墜落機体の写真に位置情報が付いているはずなので,お盆明けには,GS PRO最後の画面と,機体落下地点の位置を比較してみます。

地図ロイドさん,ありがとう!

posted by Dr.koba at 09:50| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする