2019年09月04日

GS PROで自動動画撮影の注意点

昨日,富山県西部でPhantom 4 Pro+GS PROによる自動動画撮影を試みましたが,うまくいきませんでした。

サポートに問い合わせてわかったことも含めてメモしておきます。

自動動画撮影をするには,ウェイポイントモードを選ぶ↓。
wpt1.gif

地図上指定を選ぶ↓。
wpt2.gif

撮影対象地の背景画像を表示する↓。
wpt3.gif


コーナリングにカーブを選ぶと↓,
カーブ1.gif

アクション(私の場合はスタート地点でビデオ録画開始を選びたい)が選べない↓。
カーブ2.gif


コーナリングにストレートを選ぶと↓,
ストレート1.gif

アクションを選べるようになり↓,
ストレート2.gif

好きなアクションを選ぶ↓。
ストレート3.gif


全体設定で最大飛行速度が「手動」になっていると,[飛行開始]をタップしても,高度2mあたりでホバリングするだけで,飛んで行ってくれません↓。
手動.gif
昨日私はこの状態から抜け出せず,結局GS PROを使わずに,DJI GO4を使って手動操縦で動画撮影をしました。

サポートに尋ねたところ,全体設定の最大飛行速度が「自動」になっていると↓,
自動.gif
[飛行開始]タップ後,速やかに飛んで行ってくれるそうです。

https://dl.djicdn.com/downloads/groundstation_pro/JP/GS_Pro_User_Manual_JP_V2.0.pdf
の23ページに書いてあると教えてもらいました。









posted by Dr.koba at 14:06| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

Mavic2 pro写真からオルソモザイク作った

先日リベンジに成功した現場ですが,Mavic2 Proの写真をMetashapeで処理しました。

途中,メッシュ構築でメモリを100GB近く(98GB)消費している画面です↓。
Metashape_98GB.gif

対空標識GCP7個ありでDSMとオルソまでできました↓。
Metashape_Ortho.gif

QGIS3で,地理院オルソ,Googleハイブリッド,地理院地図と重ねた画面です(3枚)↓。
QGIS1_地理院オルソ.gif

QGIS2_Googleハイブリッド.gif

QGIS3_地理院地図.gif

とりあえずちゃんと重なっているようです。
やはり対空標識の精密測量は必要ですね。

先日投稿した論文が...




posted by Dr.koba at 10:00| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

Phantom4 vs Mavic2

Phantom4 Proが2019/3/5(火)に墜落しました。

同じ現場に,2019/5/16(木)にリベンジに行きました。

飛行コースと前回墜落地点のGS PRO画面です↓。
飛行コース.gif
前回は3コース目の途中で突然落ちました。

今回は,修理上がり(機体は交換された)のPhantom4 Proと,新規購入したMavic2 Proの2機を持ち込みました。
対空標識を7箇所に置き,森林組合の職員に,要所で見張りをお願いしました。
前回墜落地点にも1名配置しました。
私の隣についてくれた森組の女性職員には,双眼鏡でドローンを追いかけてもらいました。

GS PROによる自動空撮の前に,DJI GO4により手動で試験飛行をした際,リモコンのスティックを押す指が震えました。
「また落ちるかも....」














よかったぁ〜〜〜。


Phantom4 ProとMavic2 Proの写真を,Metashape proとPix4Dmapperに掛けてみました。
以下に,写真の並びとアライン(タイポイントの取得)後の画面を,
(1)Phantom4 Pro+Metashape pro
(2)Phantom4 Pro+Pix4Dmapper
(3)Mavic2 Pro+Metashape pro
(4)Mavic2 Pro+Pix4Dmapper
の順に載せておきます。

(1)Phantom4 Pro+Metashape proの場合
まずは写真並びです↓。
Metashape_中谷内p4p_1.gif
写真が等間隔に並んでいない場所が散見されます。
現場でも,iPadから聞こえるシャッター音の間隔が時々乱れることを感じていました。

以下の設定でアラインメントをしました。
Metashape_中谷内p4p_2a.gif

アラインの結果です↓。
Metashape_中谷内p4p_2b.gif
下から5コース目に中抜けがあったり,7,8,9コース目の左(西)側でアラインがうまくできていません。

(2)Phantom4 Pro+Pix4Dmapperの場合
写真の並び具合です。
Pix4D_中谷内p4p_1.gif
Metashape proと同じで,所々不規則に並んでいます。

アラインの結果です↓。
Pix4D_中谷内p4p_2.gif
左の方の赤い印はアラインできてない印(uncalibrated)です。


(3)Mavic2 Pro+Metashape proの場合
写真の並びです↓。
Metashape_中谷内m2p_1.gif
Phantom4 Proの写真と違い,きちんと等間隔に並んでいます。

アライン結果です↓。
Metashape_中谷内m2p_2.gif
下から7コース目と9コース目に中抜けができましたが,ほかはきれいにアラインできてます。
その後別のPCでアラインしたら,9コース目の中抜けが消え,7コース目の中抜け部分だけを再度アラインしたら,きれいに中抜けが消えたので,これを採用して後の処理をする予定です。

(4)Mavic2 Pro+Pix4Dmapper
写真並びです。
Pix4D_中谷内m2p_1.gif

アライン結果です。
Pix4D_中谷内m2p_2.gif
左に少し赤があります。
これもどうなるか,続きをいちおうやってみます。
















posted by Dr.koba at 05:56| Comment(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする