2016年04月26日

青焼きコピーのカシミール3Dでの表示について

コメント欄に投稿できない(ちょくちょくエラーが出て本当に困ります)ので新たな記事として質問にお答えします。

画像を直接カシミール3Dで読むと,誤差が出てまずいです。
前にも書いたように,画像データの測地系,座標系を変換するには,全ての画素(ピクセル)を並べ替える(リサンプリングとかワープとか呼びます)必要があります。

拙ブログの以下の記事
・森林計画図のgeoref(1)
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/386679119.html
・森林計画図のgeoref(2)
・森林計画図のwarp
・森林計画図のbmp出力
・森林計画図をカシミール3Dで開く
を参考に,やってみてください。

QGISを使うのは厳しいでしょうか?


posted by Dr.koba at 08:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

林業研究グループ総会

3/22(火)に富山林研グループの総会がありました。

林研総会1.gif

林研総会2.gif

総会後約50分間にわたり、「森林境界明確化支援システム」に関する講演をさせてもらいました。

林研総会3.gif

森林所有者さんたちに直接お目にかかれる貴重な機会をいただき、ありがとうございました。


posted by Dr.koba at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

第3回委員会

2/17(水)に第3回委員会がありました。

委員会3a.jpg

委員会3b.jpg

過去写真を立体視して森林境界の明確化を支援するというコンセプトですが,立体視は少しハードルが高いかなと私は当初思ったのですが,立体視のメリットは大きいですね。

PhotoScanを使えば過去写真からオルソモザイクと外部標定要素の両方が得られるので,立体視ソフト(もりったい,StereoViewer Proなど)で立体視も可能(なはず)です。

この委員会でずいぶん勉強させてもらいました。
ありがとうございます。


posted by Dr.koba at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする