2019年02月24日

森組シェープをGS PROへ(2)

GS PROで撮影高度を設定するには,対象地区と離陸予定地周辺の精密なDEMが必要です。

国土地理院はDEM5A(レーザー計測起源の5mメッシュDEM)の整備を着々と進めているようで(林野庁は何やってんだ!),久しぶりに富山県全県分をダウンロードし,カシミール3Dに取り込んでみました。

ほぼこの通りにやりました↓。
https://www.kashmir3d.com/fgddem/prepare.htm

DEMのダウンロードのキャプチャ画面です↓(4枚)。
DEM5A-K3D_01.gif

DEM5A-K3D_02.gif

DEM5A-K3D_03.gif

DEM5A-K3D_04.gif
2018年に改正されているのもあるので,定期的にダウンロードした方が良さそうです。

カシミール3Dに取り込んで,森林基本図と重ねて表示するまで(7枚)↓。
DEM5A-K3D_05.gif

DEM5A-K3D_06.gif

DEM5A-K3D_07.gif

DEM5A-K3D_08.gif

DEM5A-K3D_09.gif

DEM5A-K3D_10.gif

DEM5A-K3D_11.gif
ため池など水面のデータが抜けている(0mになっている)ので,レーザー計測起源のデータであることがわかります(レーザーは水に吸収されてしまうそうです)。

現地下見でガーミンGPSでとった写真,トラック,ウェイポイントを表示したところ(2枚)↓
DEM5A-K3D_12.gif

DEM5A-K3D_13.gif

離陸予定地と極大点との断面図を表示したところ(3枚)↓
DEM5A-K3D_14.gif

DEM5A-K3D_15.gif

DEM5A-K3D_16.gif
比高+30m(推定スギ最大樹高)+30m(余裕高)くらいが妥当でしょうか?
この場合は標高差55m+30+30=115mでokかな?




posted by Dr.koba at 10:32| Comment(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: