2017年11月14日

だめな現場

離陸場所を少し変えたりして,10回以上トライしても自動計測ができませんでした。



次回は衛星数が多いであろう?午前中にトライしてみます。

posted by Dr.koba at 05:46| Comment(2) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも拝見させていただいております。
私は、大阪でドローンの練習場を運営しております。
参考になるかどうかわかりませんが、私たちはGS PROを使って写真測量の計測も請け負っております。
その際の運用として離陸、着陸は必ず手動で行っております。それは、突風などの急な事象に対して即時対応するためです。
ですので、ミッションを送る際は機体が上空に離れてから送信します。
今回の記事の対応として一旦機体を杉林上まで手動で上昇させてからGPSがたくさん捕捉されたのを確認し、ミッションを送信されてはどうかと思います。
Posted by 大石善一 at 2017年11月14日 16:49
大石さま。いつも読んでいただいているようで,ありがとうございます。
そして,画期的な解決策の伝授,ありがとうございます!

空中でホバリング中にミッションを送信することができるのですね。
これは使わない手はありませんね。

ひとつ質問させてください。
GS PROで飛行高度を50mに設定し,例えば,20mまで手動上昇させてからミッションを送信したとすると,計測の高度は,
(1)離陸地点から50m上空で計測する
(2)ミッション受信地点の20m+ミッション設定の50m
=離陸地点から70m上空で計測する。
のどちらになるでしょうか?

自分でやってみればいいのですが,プロの方にお尋ねします。


Posted by Dr.koba at 2017年11月15日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: