2016年04月12日

質問に答えます

「続林業GPS徹底活用術応用編」の読者の方から以下のような質問を,この記事のコメント欄にいただきました。
0質問本文.gif

答えてみます。
地番図とは森林計画図(施業図)のことだと思います。新潟県は平面直角座標系(http://www.gsi.go.jp/LAW/heimencho.html)の第VIII(8)系に属しており,原点は東経138度30分,北緯36度にあります↓。
a第8系原点_縮小.gif

拡大すると,長野県の南牧村でしょうか?↓
b第8系原点_拡大.gif

平面直角座標から緯度経度への変換はこのサイト↓のNo.5(緯度,経度への計算)でやります。
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/main.html

質問文に出てくる,+184.5,+28.8は,南牧村の座標原点から北へ184.5km,東へ28.8kmの場所を表しており,単位がキロメートル(km)なので,1,000倍してメートル(m)に直してください。地番図は昔の地図なので,Tokyo測地系(日本測地系)で書かれているはずなので,測地系は日本測地系を指定してください。Xは南北座標,Yは東西座標で数学とは逆になるのでご注意を。

計算実行を押すと,Tokyo測地系(日本測地系)の緯度経度が表示されるので,印刷します。

計算された緯度経度を使ってカシミール3Dでウェイポイントを作成します。
地図上の適当な場所でマウスを右クリックし,ウェイポイント作成を選びます↓。
dウェイポイント作成1.gif

緯度,経度の値を,小数点以下2桁に丸めて手入力し,測地系属性でTokyo(=日本測地系)を選びます↓。
eウェイポイント作成2.gif

確認です↓。
fウェイポイント作成3.gif

ウェイポイントをカシミール3Dで表示したところです↓。
hウェイポイント作成5.gif

表示の設定はお好みで↓。
iウェイポイント作成6a.gif

jウェイポイント作成6b.gif

ウェイポイント周辺を拡大するとこんな感じです↓。
kウェイポイント作成7.gif

lウェイポイント作成8.gif
場所は合っているでしょうか?→質問者さま

場所が合っていれば,このウェイポイントをGarmin GPSへ送る準備です。
GPSデータ編集メニューを選び↓,
mウェイポイント2Garmin1.gif

目的のウェイポイントを選んで↓,
nウェイポイント2Garmin2.gif

測地系変換をクリックしてWGS84を選び↓,
oウェイポイント2Garmin3.gif

以下のダイアログで「はい」を押すと↓,
pウェイポイント2Garmin3.gif

緯度,経度がWGS84測地系(GPSの標準測地系)のものに書き換えられます↓。
qウェイポイント2Garmin3.gif

もしガーミンGPSが英語版の場合,日本語が表示されないおそれがあるので,ウェイポイントの名前をローマ字に直し↓,
rウェイポイント2Garmin3.gif

アップロードボタンを押してガーミンにコピーします↓。
sウェイポイント2Garmin3.gif

カシミール3DとガーミンGPSの接続は,カシミール3Dのオンラインマニュアル
http://www.kashmir3d.com/kash/manual/index.htm
の「8.1 GARMINとの接続」を参照してください。

ガーミンGPSにウェイポイントがコピーできたら,後は「Where to」のメニューでGPSに誘導してもらってください。
熊さんや遭難に気を付けて,図面に残された持ち山に無事たどり着けることを祈っております。

posted by Dr.koba at 12:49| Comment(4) | TrackBack(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基準点の場所は合っていると思われます。
詳細なご指導ありがとうございます。
まだ、青焼きコピーのデジタル化がまだなので、出来次第ご報告させていただきます。
garminさんは、日本語版は高くて手が出ないので、英語版を購入する予定です。
Posted by 松井 at 2016年04月12日 23:19
GPSは電子コンパス内蔵がいいですよ。受信機の向きを変えると地図画像がその向きに合わせて回転してくれるので。
Posted by Dr.koba at 2016年04月14日 17:14
林業に使うGPSさんを買うのに大変迷っています。アンテナ性能の良いGPSMAP64Sなのか?画面の大きいOregon650なのか?英語版で使いこなせるのか?日本語版にするべきなのか?iPhoneのようにちょくちょく新製品が出て性能アップするから安いので良いのか?ご指導をいただけると幸いです。
Posted by 松井 at 2016年04月14日 21:26
青焼きコピーのデジタル化が出来てきてjpegからbmpへ変換したら
ファイルサイズが500MBと大きくなりましたが、何とかカシミール3Dへ読むことができました。その際に左上と右下を地図測定系でTokyoにして読み込むことができました。
編集ー地図のキャリブレーションを使おうとすると測定系はWGS84が固定となってビットマップ地図の位置の調整ができません。
どのようにした良いのかアドバイスをお願いします。
なお、左上は+186.3kmと+26.4kmなので、変換サイトのNo.5を使用して37度40分43.42秒 138度47分57.61秒です・
右下は、+184.5kmと+28.8kmです・
Posted by 松井 at 2016年04月25日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436560063

この記事へのトラックバック