2015年09月28日

初めてのPhotoscan

朝一番でPhotoscanの30日間お試し版をダウンロードして使ってみました。

以下,初めてのPhotoscan試用記録です。

まずはGCPなしでオルソを作るチュートリアルの英語版をダウンロード↓。
初めてPhotoScan_0a.gif

PDFファイルの1ページ目はこんな感じ↓。
初めてPhotoScan_0b.gif

入力空中写真は,国土地理院から画像データ提供を受けた,1975年撮影カラー空中写真の3コース各5枚ずつの合計15枚です↓。
初めてPhotoScan_01.gif
実際の写真の並びと同じ並びで表示しています↑。

チュートリアルに従って処理を進めていくと,午前のうちに3次元モデルができました。

Shaded画像です↓。
初めてPhotoScan_02.gif

Solid画像(DSMのこと?)です↓。
初めてPhotoScan_03.gif

Wireframe画像です↓。
初めてPhotoScan_04.gif

Textured画像その1です↓。
初めてPhotoScan_05.gif

Textured画像その2(少し拡大)です↓。
初めてPhotoScan_06.gif

Textured画像その3(更に拡大)です↓。
初めてPhotoScan_07.gif
崖?の部分で画像が乱れていますね↑。

オルソ画像(自動モザイク)です↓。
初めてPhotoScan_08.gif
画像左に黒い穴や画像の乱れが見られますね↑。

工夫すれば,穴のない,きれいな画像ができるようなことがチュートリアルにも書いてあったので,今後パラメータの調整が必要ですね。

とりあえず位置座標なしのオルソ画像ができたので,TNTmipsで位置座標を10点与えてみました↓。

オルソ↓
初めてPhotoScan_9.gif

参照地形図(1/10,000市町村管内図)↓。
初めてPhotoScan_10.gif

GCPが偏っていますが,10点取って残差が全て5m以内(1/5,000地形図で図上1mm)に収まっているので,簡易オルソとしては十分な精度を持っていると思います↓。
初めてPhotoScan_11.gif

このマニュアル↓のやり方で,私は残差最大値を10mに設定していました。
http://taffrc.pref.toyama.jp/nsgc/shinrin/webfile/t1_f92b61cc64453e2be327a4b8836fc468.pdf

photoscanの方が断然速そうだし,黒い耳の部分が抜けて,モザイクしても継ぎ目がわからないのでmuch betterです。

使いやすいソフトだと聞いていましたが,なるほどと思いました。
は ま り そ う !


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426876247

この記事へのトラックバック