2014年04月27日

電子地形図25000(2)

地理院の電子地形図25000画像をカシミール3D用画像へ変換する手順その2です。

TNTmipsから.bmpでエクスポートしたモザイク画像です↓。
電子地形図25k_15.gif
約1.3GBあります。

IrfanViewで表示したところ↓
電子地形図25k_16.gif

電子地形図25k_17.gif

.bmp画像をカシミール3Dで開き,TNTmipsで調べておいた,左上と右下の緯度,経度を入力します↓。
電子地形図25k_18.gif

電子地形図25k_19.gif
測地系はJGD2000を選びます。

このままでもいいのですが,カシミール3Dのスタイルに合わせるために,画像の全範囲を指定し,マップカッターで,カシミール3D形式の10x10のタイルに分割し,.bmpを圧縮した.cmp形式に変換しておきます↓。
電子地形図25k_20.gif

電子地形図25k_21.gif

1.3GB(1,300MB)のBMPファイルが,145MBのCMPファイル群になりました↓。
電子地形図25k_22.gif

電子地形図25k_23.gif

電子地形図25k_24.gif

旧地図(数値地図25000(地図画像))では記載がなかった,富山県森林研究所裏山の道が新地図(今回のもの)では記載されています↓。
電子地形図25k_25.gif
これでオフラインで最新地図画像が表示でき,現地調査で役に立ちます。

めでたしめでたし!

最後に,富山県森林研究所周辺の新旧地図画像の比較を示します(左が旧,右が新)↓。
新旧比較図.gif

電子地形図25000おわり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック