2014年04月26日

電子地形図25000(1)

国土地理院の電子地形図25000https://net.jmc.or.jp/digital_data_gsiol_denshiChizu25000.html
をカシミール3D用画像に変換する手順をメモしておきます。

インターネット接続環境があるオフィス内でカシミール3Dを使う分にはオンラインで地図画像が表示されるのでこんな処理は必要ありませんが,オフライン(例えば自動車+ノートPC+カシミール3D+GPSロガーで森林状況をざっと見回ったりする場合)で地図表示をしたいときに必要になります。

今回使用するのは,平成25年11月に購入した,電子地形図25000の定型図郭版の富山県全域分です。

画像は,Tif+Tfwで買いました。

JGD2000測地系,UTM座標系第53帯を指定して,TNTmipsでインポートした画像です。
単品の画層と位置情報です↓。
電子地形図25k_01.gif

電子地形図25k_02.gif
セルサイズ(1画素あたりの地上距離)は東西とも約1.25mになっています。

全県分の画像です↓。
電子地形図25k_03.gif

カシミール3Dで表示するために,測地座標系(経緯度座標系)へリサンプルしました↓。
電子地形図25k_04.gif

電子地形図25k_05.gif

電子地形図25k_06.gif

TNTmipsの日本代理店のサイトから,JGD2000測地系の2次メッシュ図郭ポリゴンデータ(全国分が1つのレイヤ)をダウンロードし,富山県分について,独立したレイヤ(1ポリゴン1レイヤ)に加工しました(結構面倒くさい)。

2次メッシュポリゴンを重ねて表示したところ↓。
電子地形図25k_07.gif

電子地形図25k_08.gif

2次メッシュポリゴンを使って,地図本体を切り出したところ↓。
電子地形図25k_09.gif

電子地形図25k_10.gif

切り出した単品画像全てを接合(モザイク)したところ↓。
電子地形図25k_11.gif

セルサイズは,オリジナルの約1.25mでは細かすぎ,約5.0mでは粗すぎたので,2.5mにリサンプルしました↓。
電子地形図25k_12.gif

色数は,オリジナルの24bitでは重いので,8bitに減色しました↓。
電子地形図25k_13.gif

オリジナル(耳付き単品画像,JGD2000測地系,UTM53系,1.25m分解能,1677万色)
から
加工後(耳なし接合画像,JGD2000測地系,測地座標系,2.5m分解能,256色)
になりました↓。
電子地形図25k_14.gif

(1)TNTmips編おわり

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395577948

この記事へのトラックバック