2019年03月26日

Reach RS2

森林学会の期間中,T大のO先生から,今度Reach RSの2周波版が出るという話を伺いました。

本日,Emlid社のfacebook経由で私の所にも情報が入りました。

これですね↓。
https://reachrs2.emlid.com/?fbclid=IwAR01bNsiyKsMJ0O-I1KGlmOF5UElWO8a8YFrQJDwWA2ldIa5j97tlISzm1g
L1,L2,L5(3周波と呼ぶ?)を受信するようです。

US$1,899で6月中旬出荷だそうですよ。

私としては,このとばっちりを受けてReach RS+の方が値下がりし,日本円で税込み10万円を切ってくれるとありがたいです。
そうすれば備品費ではなく,需用費(消耗品費)で買えるので。



posted by Dr.koba at 05:40| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

RTKLIBのやり直し

さっそくやり直してみました。

電子基準点_氷見_詳細.gif

PPK基準点座標.gif

中田三角点_やり直し結果.gif

中田三角点_座標変換.gif

中田三角点_誤差激減.gif

三角点での水平誤差が,激減(58cm→3cm)しました!

今回森林学会に参加して,本当に良かったです!


(教訓)
RTKLIBでの後処理解析では,地理院電子基準点の緯度,経度,楕円体高を必ず入力すること。


posted by Dr.koba at 16:45| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

痛恨のミス

Reach RS+の測位結果をRTKLIBでPPK解析するやり方が間違っていました。

発表2日前の森林GISフォーラム懇親会で,S大のY先生と話していて,指摘されました。

私,国土地理院電子基準点の正式(地理院公式発表)な緯度,経度,楕円体高を入力していませんでした。

この部分です↓。
マニュアル画面.gif
https://github.com/hdtopography/learning/blob/master/GNSS/3.analysis/3.analysis.md#3-解析より引用

三角点で1時間の静止測位をしてFIX解が出たのに60cmの2D誤差が出たのですが,電子基準点の座標を入れて解析し直したら,たぶん<10cmくらいになるはずです。

職場に戻ったら解析やり直します!

発表の終わりの方で補足説明をする羽目になってしまい,内容の信憑性にも疑念が入り込むことになってしまいました。
あ〜あ。


でも,3年ぶりに森林学会に参加したからこのミスに気付いたわけで,アルツハイマー病の妻の見守りを三男に頼んで,参加した甲斐があったというものです。

どこかのジャーナルに絶対投稿するぞ!



posted by Dr.koba at 06:39| Comment(0) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする