2018年08月29日

Map64sc英語版で森林基本図,計画図を表示

GPSMap64sc英語版で森林基本図,森林計画図画像を表示できるように細工をしました。

詳しくは,5年前にMap62sc英語版でやったときの記事↓を参考にしてください。
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/372636205.html


PC内でまずファームウェアにパッチを当てます↓。
patcher画面.gif
現行バージョン=最新バージョン=2.60だったので,0.01上げました(赤丸内)。

パッチが当たったファームウェアです↓。
patcher画面2.gif

一度フォルダ外に出して名前を変えて(gupdate.gcd),フォルダ内に戻します↓。
patcher画面3.gif


USBケーブル経由でPCから64sc本体のGARMINフォルダ下にコピーします↓。
patcher画面4.gif

後はこの動画↓。


jnx地図の選択画面です↓。
selectmap.bmp

森林基本図の表示例です↓。
kinon1.bmp

kihon2.bmp

森林計画図の表示例です↓。
keikaku1.bmp

keikaku2.bmp




posted by Dr.koba at 13:25| Comment(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

Map64sc英語版で日本語OSMを表示

最近GARMINのGPSMap64sc英語版を買いました。

無料の地図を入れたいと思い,Open Street Mapの日本語版(UTF-8)を入れたのですが,64scの起動時に,
「Can’t Authenticate Maps」
と警告が出て,認識されません。


このサイト↓
https://osm-for-garmin.org/
で勉強していろいろやってみたことをメモに残しておきます。


https://osm-for-garmin.org/cannot-authenticate-maps/
に書いてある方法のうち,まず,
対策(3):パッチ当て作戦です!
を試したのですが,パッチ当てソフトのダウンロードまでにたどり着けずに力尽きました。
ダウンロードするにはユーザ登録をせよと言われたが,登録してもDLできず。
おまけに,Windows10のデスクトップ画面に定期的に白人のお姉ちゃんの画像が出てくるようになって最悪です。

次ぎに,
対策(2)ダミーファイル作戦です!
を試しました。

バイナリエディタ検索結果の一番上に出てきた,Stirlingで
E9FD13000480を
A40313000480に置換(379個)して上書き保存

これで「Can’t Authenticate Maps」は出なくなりました。

が,OSM上に文字が表示されません↓。
72.bmp

日本語フォントを入れ忘れていました。

そこで,
https://osm-for-garmin.org/japanese-fonts/
に従って,meiryo.ttcを変換して.binを作ったが,map64scは日本語を表示してくれませんでした。

次ぎに,IPAフォント
https://ipafont.ipa.go.jp/
やらで試したがだめでした。

諦めかけたのですが,昔作った日本語フォント
http://gpsrsgis.seesaa.net/article/285389174.html
を入れてみたら,なんと日本語が表示できてしまいました↓。
329.bmp

以前作った,林道の起点,終点や山のウェイポイント名も無事日本語で表示できました。
433.bmp

456.bmp

とりあえずめでたしめでたし。

理屈はわかっていませんが..










posted by Dr.koba at 05:35| Comment(0) | Garmin GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

ローリングシャッター

前の記事で言及した,セコイアRGBカメラの画像のひずみですが,これは異常ではなく,ローリングシャッター方式で撮影した画像特有の現象だそうです(BLUEGRASSとPix4Dmapperを購入した代理店の方に教えてもらいました)。

セコイアのスペックを見てみると,なるほど確かにRGBカメラはrolling shutterと書いてあります↓。
aセコイアspec.gif
https://www.micasense.com/parrotsequoia/より

ローリングシャッター方式とはこんな方式です↓。
bローリングシャッターとは.gif
http://www.shodensha.net/info/term/q50.htmlより

前の記事の画像は確かにローリングシャッター方式の特徴を有しています↓。
cセコイアRGBのひずみ.jpg

代理店の方がPix4D社?に問い合わせたところ,セコイアのRGBカメラ画像の処理は,「Ag RGB」でやるのが正しいとのことでした。
私,Phantomシリーズのカメラ画像と同じだろうと思い,いままでのセコイアRGBは全て,「3D Maps」で処理していました。
来週やり直します。

今回のまとめです↓。
d処理オプション.gif
マニュアルは,https://support.pix4d.com/hc/en-us/articles/204272989-Offline-Getting-Started-and-Manual-pdf-?flash_digest=4570b2284c7a431b478bc405a4fce01c94af6ae2にあり


またひとつ賢くなってしまいました!





posted by Dr.koba at 09:38| Comment(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする