2017年12月30日

プロテクトキー持ち帰り残業

年末年始6日間も休みがあるので,TNTmipsのプロテクトキーを持ち帰り,家で残業(遊び?)しています。

ProtectKey.gif
ソフトウェアキー(PhotoScanはこっち)よりもハードウェアキーの方が私は好きです。
ソフトキーはPC入れ替えの前にネット経由で返却するのを忘れるのが怖いので。
私は,マザーボード,CPU,ケースなど,ちょくちょく交換します。
その際,Windowsも一から入れ直しになります。
ソフトキーが入ったままのCドライブをフォーマットしてしまうと,悲惨なことになります。

PCケースはThermaltake(Tt)のものがお気に入りです。

ドローンで空撮し,PhotoScanで作成したスギ林のオルソモザイク画像です↓。
OrthoShade1.gif

局所最大値法で抽出した樹頂点()を重ねたところです↓。
OrthoShade2.gif
Local Maxの探索範囲はまだまだ検討の余地あり。

PhotoScanで作成した高密度クラウドを.lasファイルで吐き出し,TNTmipsでインポートし,陰影表示(3D Shading)したところです↓。
OrthoShade3.gif
雪の積もった林道を通った車の轍がきれいに見えますね。

TNTmipsのLidar Classificationメニューで地表面を作成し,陰影表示したところです↓。
OrthoShade4.gif
空撮写真に地表面はほとんど写っていないので,非常に荒いgroundデータです。
クラス分けのパラメータはまだまだ検討すべきです。

樹頂点を重ねたところです↓。
OrthoShade5.gif

shadingをカラーに変更したところです↓。
OrthoShade6.gif

樹頂点の標高から地表面の標高を引くと,樹高が求まるという寸法ですが..
groundデータからDTMを発生させるメニューが見当たりません。

それらしいマクロスクリプトはMicroImages社のホームページにあるようですが↓。
http://www.microimages.com/sml/smlsamples-htm/Lidar.htm

やってみます。


posted by Dr.koba at 09:28| Comment(0) | TNTmips (有料GISソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

オルモモザイク一覧byQGIS

小林ら(2017)の方法で作成したオルソモザイク画像の一覧をQGISで表示した画面集を,備忘録を兼ねて掲載しておきます。

地理院1961年撮影モノクロ↓
QGIS_CB6102.gif
背景はGoogle Hybridです。

地理院1964年撮影モノクロ↓
QGIS_CB648X.gif

地理院1972年撮影モノクロ↓
QGIS_CB723X.gif

地理院1975年撮影カラー↓
QGIS_CCB7519.gif

QGIS_CCB7520.gif

QGIS_CCB7522.gif


使用した単写真の総数は2,500枚くらいかな?
これらが今年の私の大きな仕事のひとつでした。

頑張ったな->俺


2017年12月27日

CS立体図

お隣の長野県の戸田堅一郎さんが開発したCS立体図がインターネット上(G空間情報センター)で公開されています。

CS立体図の論文はここです↓。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfe/56/2/56_KJ00009647426/_pdf

遅ればせながら,10mメッシュ富山県関連分をダウンロードし,
https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/cs-10m-07
TNTmipsで接合しました。


Google Earthで表示したところです↓。
CS立体図_GE1.gif

CS立体図_GE2.gif

QGISで表示したところです↓。
CS立体図_QGIS1.gif

CS立体図_QGIS2.gif

森組さんにも使ってもらいましょう。
作業道の計画用に。

このようなデータを無料で提供していただき,ありがとうございます。→戸田さま

なお,自力でCS立体図を作るために,QGIS用のプラグインも公開されていますよ↓。
https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/cs-tool


posted by Dr.koba at 12:00| Comment(0) | GIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする