2017年07月07日

簡易標高値補正法(案)

きえふさんのコメントから閃きました。

(現場にて)
(0)折りたたみ型ヘリポートにPHANTOMを置く

(1)離陸前にDJI GO 4で写真を2〜3枚撮る
EXIFにPHANTOMの気圧高度計の値が記録される(z1とする)
a離陸前_p4pEXIF.gif
z1=1946.62m

(2)GS PROで自動計測(静止画の空撮)を行う

(3)自動帰還後,再びDJI GO 4で写真を2〜3枚撮る
EXIFにPHANTOMの気圧高度計の値が記録される(z2とする)
b離陸後_p4pEXIF.gif
z2=1946.98m

(4)折りたたみヘリポート上でガーミンGPSでウェイポイントを取る
c離陸後_ヘリパッド.gif

(オフィスにて)
(5)上記のウェイポイントの標高値を,PC版スーパー地形で計測する(z3とする)
dスーパー地形.gif
z3=1922.62m

標高のオフセット値=(z1+z2)/2−z3(Δzとする)
Δz=(1946.62+1946.98)/2−1922.62=1946.80-1922.62=24.18(m)

このΔzの値(24.18)を,すべての空撮写真のexif高度値から引いてやる

例えば,100枚の写真のexifの高度値を一括して書き換える(z'=z−Δz)方法をご存じであればお教えください。

z':補正後の標高値
z:空撮写真のexifに記録された,Phantom高度計の標高値
Δz:補正値






posted by Dr.koba at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする