2016年06月29日

リモコンの殻割り

訳あってPhantom3 Standardのリモコン(プロポ)を分解してみました。
以下,写真入り時系列解説です。

まずはリモコン裏側の4つのネジを外します↓。
IMG_20160629_113223.jpg

先日アマゾンで買った,殻割り用のヘラです↓。
IMG_20160629_113256.jpg

プラスチックのヘラを差し込んで隙間を開けます↓。
IMG_20160629_113344.jpg

殻が開いてきました↓。
IMG_20160629_113454.jpg

アンテナ側の方がうまく外れません↓。
IMG_20160629_113602.jpg

ここで一時休憩して,インターネットで殻割り動画を探しました。
英語で探したらヒットしました↓。

これの3分10秒当たりからが核心の場面です。

ケーブルコネクタを3個外します↓。
IMG_20160629_115635.jpg

動画に習って左右に何度か揺さぶると,ぱかっと外れました。上側の中身です↓。
IMG_20160629_115845.jpg
赤丸内は板バネです。

下側の中身です↓。
IMG_20160629_115854.jpg

上側の表側です↓。
IMG_20160629_120326.jpg
前述の板バネのせいで,右のスロットルを下へめいっぱい倒すとロックされます(赤丸)。

なぜ右のスロットルの手前だけがロックされて,手を離してもニュートラルに戻らないのか,これまで疑問に思っていました。DJIに問い合わせても返事がありませんでした。

このロックのせいで,以前,着陸時にリモコンから手を離したら,地表すれすれで横に高速で移動(後進方向に全速で移動)してしまい,生け垣の根元付近に激突して止まるというプチ事故が起きました。それ以来,右スティック手前はロックがかかるから危ないぞと言う意味で,赤い丸形のシールを貼っておりました。

最近読んだ本には,スロットルには自動戻りがない(端でロックされる)とありました↓。
IMG_20160629_131354.jpg
DJIのリモコンは出荷時にモード2(左スティックがスロットル(上昇下降)と旋回,右スティックが前後左右の移動)に設定されており,私はそのまま使っていたのですが,ロック用の板バネが左(モード2用)ではなく,誤って右側(モード1用)についていたのではないかという結論に至りました。

その本には板バネを移動すればよいとあったので移動することにしました↓。
IMG_20160629_131346.jpg

その本のタイトルはこれです↓。
IMG_20160629_131401.jpg

で,板バネを左から右に移動させることにしました↓。
IMG_20160629_131429.jpg

IMG_20160629_131451.jpg

IMG_20160629_131831.jpg

IMG_20160629_132107.jpg

IMG_20160629_132231.jpg

IMG_20160629_132349.jpg

上蓋の表側で,左スロットルが下でロックされることを確認します↓。
IMG_20160629_132410.jpg

もう一度裏返し↓,
IMG_20160629_132454.jpg

軽く殻をはめて↓,
IMG_20160629_132650.jpg

コネクタを3個接続し↓,
IMG_20160629_132727.jpg

殻を閉じてネジを4個回して,左スロットル下に赤丸シールを貼ってできあがりです!
IMG_20160629_133006.jpg

これが正しいモード2のリモコンの姿だと思うのですが,どなたかラジコンに詳しい方,間違っていたらご指摘願います。


posted by Dr.koba at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

リモコンのS1スイッチ

DJI Phantom3 Standardのリモコン(プロポ)右上にS1という名前のスイッチがあります。

レバー式で,右斜め上(一番奥)に倒すと,「P」,真ん中(中立)で「A」,左斜め下(一番手前)で「F」モードになります。

プロポs1_switch.jpg

(1)「P」はPositioningの頭文字で,飛行にGPSを利用する(*)モードです。
*GPS衛星が捕捉できない場合は気圧センサのみを使う。

(2)「A」はAttitudeの頭文字で,飛行にGPSを利用せず,気圧センサによる高度維持だけをするモードです。

(3)「F」はFunctionの頭文字で,手動飛行(Litchiによる飛行はこのモードでやる)のモードです。


これまでずっと,(1)と(2)の違いがよく理解できなかったのですが,この動画を見てようやく理解しました。
備忘録として貼り付けておきます。




より正確に書けば,
(1)「P」はリモコンから手を離したときの姿勢(X,Y,Z座標)の維持に,GPSと気圧センサを使うモード
(2)「A」はリモコンから手を離したときの姿勢(この場合Z座標のみ)の維持に気圧センサのみを使うモード。
(3)「F」はアプリ(DJI GOやLitchiなど)による自動飛行を行うモード(自分の位置を知るためにGPSや気圧センサはもちろん使う)
ということになると思います。

なかなか分かりにくいです。


posted by Dr.koba at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

crash後のフライト

墜落させたショックで自動飛行が怖くなり,手動でとりあえず動画,静止画を撮影したのですが,速度を一定に保つことが難しく,予備バッテリもあった(全部で4個持ち込み)ので,自動飛行に再チャレンジしました。



スギ林に引っ掛けないように高度100mに設定しました。
ちょっと高過ぎて,迫力に欠けた動画になったかもしれません。

スギの頭+10〜20mあたりがベストでしょうか?

今後試行錯誤してみます(墜落させない範囲で)。


posted by Dr.koba at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする