2015年11月13日

目指せ!IT林業(2)

前回に続き,GPS編の研修会の講師を務めました。

林研G研修2a.png

林研G研修2b.png

まず室内でカシミール3Dのインストールをやり,2人に1台ずつガーミンGPSを貸し出し,会場そばの駐車場でログおよびウェイポイントを取り,カシミール3Dに取り込みました。

なんとか無事終了です。

発表スライドのPDFを置いておきます↓。
富山林研G_目指せIT林業2.pdf


posted by Dr.koba at 14:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

TruPulseの校正手順書2

文字が大きく,老眼の自分にも見やすいように,A4判2段組で書き直しました。

TruPulse360校正手順_ページ_1.jpg

TruPulse360校正手順_ページ_2.jpg

TruPulse360校正手順.pdf

いずれTruPulseマウントブラケット,ヨークL,変換ネジを買いたいと思います。
http://www.timber.co.jp/product/lti/tp360.html

posted by Dr.koba at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

TruPulseの校正手順書

退職した先輩からスギ林の固定試験地を引き継ぎました。
転出した職員が置いていったTruPulse360゚を引き継ぎました。

雪が積もる前に現地調査を終えなければならないのですが,これまでレーザー測距儀は全く使ったことがなかったので,戸惑うことばかりです。

方位や傾斜を正確に計るためにはキャリブレーション(校正)が必要なのですが,英文マニュアルや簡易日本語マニュアルを見ても,図が白黒でわかりにくいです。

そこでこの土日で自分で作ってみました。

コンパスのキャリブレーション手順です↓。
コンパス.gif

傾斜計のキャリブレーション手順です↓。
傾斜計.gif

pdfファイルを見開き(A4判1枚で2ページ分印刷)で印刷し,濡れないようにクリアカバーに入れて常に持ち歩くことにします。

コンパス校正は,測定開始時や電池交換時に毎回必ず,
傾斜計校正は,機器に衝撃を与えたときに,
行うこととあります。

pdfファイルも置いておきます。

間違いが含まれていても責任は持てません。
悪しからず。

TruPulseコンパスcal.pdf

TruPulse傾斜計cal.pdf



posted by Dr.koba at 10:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする